counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
赤坂英一(あかさか・えいいち)
1963年2月24日、広島県竹原市に生まれる。86年、法政大学文学部日本文学科を卒業し、日刊現代に入社。88年夏からプロ野球記者を務める。主な担当球団は巨人をはじめ、広島、ヤクルト、西武、近鉄、ダイエーなど。
93年、「週刊漫画ゴラク」で初の署名コラム『プロ野球地獄耳情報』の連載を開始。99年、「新潮45」で短編ノンフィクションの発表を始める。2001年秋から「週刊現代」で執筆活動を本格化。
02年、初の単行本『バントの神様 川相昌弘と巨人軍の物語』を上梓する。川相の犠打世界記録(533個)達成に合わせて、同書を野球体育博物館に資料として寄贈した。03年には『ジャイアンツ愛 原辰徳の光と闇』が出版。
06年、独立。初のミステリ小説『情報源』を発表。「スポーツ・グラフィックNumber」、「セオリー」、「WEDGE」、「アサヒ芸能」、「AERA」等で人物ノンフィクションを中心に執筆を続けている。
08年、構成を手がけた俳優・萩原健一の自叙伝『ショーケン』が刊行。09年に自著『キャッチャーという人生』を発表した。
自転車を始めたのは01年から。ロードバイクを5台、マウンテンバイク、ランドナー、小径車を各1台所有。
かつてはロードでの年間走行距離が7,000km以上に及んだこともあった。最近はクロスカントリーやダウンヒルに傾倒中。

●独立後の主な雑誌掲載作品

2006年 『不死鳥の行く先/辰吉丈一郎:元WBC世界バンタム級チャンピオン』 「スポーツ・グラフィックNumber」(11月30日号)
『学歴社会の楽しみ方/小倉弘子:TBSアナウンサー』 「MOOKセオリー」vol.4
『人を見抜く力/石川顕:北海道日本ハムファイターズ・スカウト』 「MOOKセオリー」vol.6
連載『SPORTS突き抜けた瞬間(とき)』 「WEDGE」06年12月号〜09年5月号
07年 『予測する力/井口深雪:長野、トリノ冬季五輪パラリンピック・女子バイアスロン金メダリスト』 「MOOKセオリー」vol.11
『現代の肖像/野口みずき:アテネ五輪・女子マラソン金メダリスト』 「AERA」(11月12日号)
『上質な人生/デヴィット・E・ウェルス:料理人&陶芸家』 「MOOKセオリー」vol.12
08年 『現代の肖像/長谷川穂積:WBC世界バンタム級チャンピオン』 「AERA」(1月28日号)
連載『長嶋茂雄/俺だけが知るミスター!』 「アサヒ芸能」(1月9・16日号〜5月9日号)
『仕事の極意/植田辰哉:全日本男子バレーボール監督』 「セオリービジネス」vol.4
『現代の肖像/柴田倫世:フリーアナウンサー』 「AERA」(12月1日号)
09年 『贅沢な人生/中川一三:中川ワイン販売オーナー』 「セオリー」vol.1
『現代の肖像/原辰徳:巨人&WBC日本代表監督』 「AERA」(3月9日号)
『妻・仁香さんが明かす/根津甚八 消えた5年間』 「週刊現代」(8月22・29日号〜9月5日号)
『懐かしい日本人/藤田元司:元読売巨人軍監督』 「週刊現代」(9月5日号)
『現代の肖像/白鵬翔:第69代横綱』 「AERA」(9月7日号)
 当サイトへのご意見、ご質問、ご感想は以下のアドレスへお寄せください。
chari@akasaka-cycle.com