counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』125
2018年06月20日(水)


 日本がコロンビア相手にジャイキリをやってくれたおかげで、世間の話題はワールドカップ真っ盛りでありますな。
 そうした中、ゆうべヤクルト−ソフトバンク戦が行われた神宮球場の観衆は17937人、つまりほぼ18000人でした。

 この試合を中継した某放送局関係者によると、神宮では過去にもW杯の日本戦でガッチンコした日があり、そのときの観衆は6000人程度だったそうです。
 今回はその3倍にも上るお客さんが詰めかけた、というのは、さて、素直に喜んでいい現象なのか。

 交流戦勝率1位が決定したヤクルトを見ようと、このチームのファンがどっと押し寄せてきたのは理解できる。
 一方で、それだけ今大会の日本代表、西野ジャパンに対する期待度が低いからじゃないか、という意地悪な見方もある。

 きのうは甲子園が24127人、ハマスタが21463人と、他球場は神宮以上にお客さんが入っていた。
 とくに、甲子園は一昨日、地元の大阪で地震があったばかりだっただけに、球界関係者もホッと一息でしょう。
 
 という話と今回のテーマとは、直接何の関係もありません。
 が、西武球団のスタッフも人気を高め、ファンの共感を得ようと様々な努力を重ねている、という意味ではヤクルト、阪神、DeNAと同じなのです。

 この続きはコチラ、及び右側タイトルメニューのバナーからアクセスしてお読みください。
Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円