counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
東京スポーツ『赤ペン!!』159
2018年06月5日(火)


 今回のテーマは巨人の次期正捕手争いです。
 いや、頭に「次期」と付けたのは小林に敬意を表してのことだが、事実上は小林も含めた「正捕手争い」かもしれない。

 それぐらい、今年台頭してきた新人・大城は非常にいい働きをしている。
 ただし、あくまでも打者としてであって、捕手としてはやはり小林に比べるとまだまだ、なんですけどね。

 一方、捕手としてのリードやインサイドワークで小林に引けを取らないのが、昨季プチブレークした宇佐見。
 今季はケガの影響と打撃不振で後輩・大城の後塵を拝しているけれど、首脳陣の評価と期待はいまなお高い。

 そんな若き捕手たちの現状と今後について書いてみました。
 この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツは水曜以降掲載予定。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。