counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
WEDGE Infinity『赤坂英一の野球丸』119
2018年05月9日(水)


 13日に初日を迎える大相撲夏場所、深読みの好きな好角家の間では、こんな声でしきりである。
 曰く、「寂しい場所にならなきゃいいが」。

 なにしろ、毎場所、復活が期待されている横綱・稀勢の里は、今場所も休場が濃厚。
 4日の出稽古では栃ノ心に2勝9敗で、風邪を理由に休んだあと、きのう9日の三番稽古では琴奨菊に6勝10敗。

 一方、東関脇・栃ノ心も先場所に負傷した右肩の状態が懸念され、大関・高安も稽古中に左腕上腕部を痛めている。
 どうも、上位陣にはこれといういい話がありません。

 そうした中、大いに気を吐いているのが、2場所連続休場からの復活を期す白鵬。
 きのうの稽古は宝富士、魁聖を相手に11戦全勝で、「初日からエンジンをかけて千秋楽まで引っ張る」と絶好調です。

 今場所は4月に亡くなった父ジグジトゥ・ムンフバトさんのためにも優勝したいところ。
 この親子の間には様々なドラマがあったと、私はかつて、白鵬自身に聞いたことがあるのです。
 
 この続きはコチラ、及び右側タイトルメニューのバナーからアクセスしてお読みください。
Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円