counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
東京スポーツ『赤ペン!!』155
2018年05月8日(火)


 週に3本レギュラーの仕事があると、打ち合わせや入稿はなるべく早めに済ませておきたくなる。
 いつもそれぞれの仕事の〆切直前まで粘っていたら、私自身はもちろん、編集さんにとってもストレスになるから。

 というわけで、先週はZOZOマリンへ取材に行った2日から、次の『赤ペン!!』はソフトバンク・内川の2000安打でいこう、と決めていました。
 その日のロッテ戦で「マジック2」だったから、掲載日のきょうまでには余裕で達成できるだろうと思って。

 掲載日のきょうまで4試合あるし、先週末は本拠地ヤフオクドームでの試合だったし、大舞台に強い内川なら、ここで必ず決めてくれるはず。
 と読んでいたんですが、結果はご存知の通り、あと1安打を残してまさかの足踏み。

 うむむ、どうしたものか。
 開き直って2000安打前祝い原稿≠ニ銘打ち、無理矢理内川ネタで押し通ちゃう手もなくはないが…東スポだし(←ここだけ小声で)。

 そうだ、当ホームページでお馴染み、ソフトバンクの某ヘッドコーチにお話を伺うことにしよう。
 ソフトバンクはきょうからの2日間、敵地・大宮、メットライフで首位西武との2連戦。

 そこで、某ヘッドコーチに聞いてみました。
 いまの西武打線と、昔ヘッドが日本シリーズで対戦した時代の西武打線と、どっちが上でしょうね?

 「ああ、あの時代も、すごいバッターが揃うとったよの。
 辻、平野、秋山、清原、デストラーデ、その後ろにまだ石毛や田辺がおって…」

 この続きはきょうの東スポ、大スポ、中京スポでお読みください!

(※ネット転載は原則として翌水曜日。
 ※一部地域は翌日水曜発売、朝刊の九州スポーツは水曜以降掲載予定)