counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
東京スポーツ『赤ペン!!』149
2018年03月27日(火)


 今年のキャンプは甲子園を沸かせた大物新人たちの話題でスタートしました。
 日本ハム・清宮、ロッテ・安田、広島・中村奨と、連日大勢の報道陣がキャンプ地に殺到。

 それぞれ1日、2日ぐらいずつ、私もそのマスコミの群れの中に混じって取材していました。
 でも、まあ、どこへ行っても、首脳陣や球団関係者は「実戦が始まったら二軍だよ」と漏らしていたのですが。

 そうした中、オープン戦を大いに盛り上げていたのが、中日・松坂、巨人・上原という約20年前の元大物新人=B
 私は正直、いまさらどこまで通用するのかと、いささか懐疑的な見方をしていたのですが、どちらも最後の一花を咲かせようと必死に奮闘している。

 とくに上原は、10年ぶりの古巣復帰とあって、東京ドームのファンに熱狂的に迎えられた。
 球速は最高138qがやっとで、まだ全盛期には程遠いけれど、粘り強く、丁寧にコーナーを突き、1球投げ終えるたびにマウンド上で跳ねる上原の姿は、巨人の後輩たちにきっといい影響を与える、ような気がする。

 ここから先、興味のある方はきょうの東スポ、大スポ、中京スポで御一読ください!

(※ネット転載は原則として翌水曜日。
 ※一部地域は翌日水曜発売、朝刊の九州スポーツは水曜以降掲載予定)