counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
【明日17日AM8:00出演】TBSラジオ・森本毅郎スタンバイ!Talk34
2017年11月16日(木)


 きのうは夜遅くまで日馬富士暴行事件≠フ情報収集に追われていました。

 現地では加害者の日馬富士が所属する伊勢ヶ濱、被害者の貴ノ岩の貴乃花部屋、両者の間に入ったとされる白鵬の宮城野部屋が宿舎の敷地内からファンと報道陣を締め出し。
 当事者たちが「場所中」及び「捜査中」であることを理由に口を開かないため、連日取材に当たっている記者たちもフラストレーションが溜まっているようです。

「相撲協会は公益財団法人で、刑事事件に発展する恐れのある事案なのだから、まず自ら襟を正し、暫定的であっても日馬富士に対する処分を発表するべき。
 例えば、今場所中から無期限の謹慎処分、及び罰金等を課し、場所後に正式に進退を協議、決定するとか、やりようはいくらでもあると思う」

 とは、相撲取材歴が長く、協会関係者にも知己を持つマスコミ関係者の弁。
 現場を駆けずり回っている記者の間からは、「暴行事件を起こしておいて、場所中だから≠ヘないだろう。これほど非常識な人たちの集団とは思わなかった」という辛辣な声も上がっている。

 そうした中、白鵬が今朝になって、問題の酒席に同席していたことを初めて報道陣に告白。
 当初報道されていたように、日馬富士がビール瓶で貴ノ岩を殴った事実はなく、握ったビール瓶が手から滑り落ち、素手で殴っているところに白鵬が割って入った、と話しています。

 大変潔いようですが、その前にモンゴル人の元朝青龍が「ビール瓶は使っていない」とツイッターでつぶやき、元北春日がきのう、テレビ局の取材に答えて同じ趣旨の話をしていたのが気にかかる。
 事態が裏側でどのように進行しているのか、現地で取材している記者たちにも見えにくく、改めて相撲界の闇の深さを感じさせる出来事となりました。

 …朝っぱらからする話じゃないかなあ。
 とりあえず、きょうは野球の取材で、稲葉ジャパンの初陣、U-24韓国戦を取材しに東京ドームへ行ってきます。

 では、明日の朝もよろしくお願いします!

※17日のネタ
 @日馬富士の暴行騒動の背景と内幕。
  2009年春に私が参加したモンゴル人飲み会≠ヘ鶴竜の大関昇進祝いで、錦糸町で焼肉パーティー、カラオケボックスVIPルームで白鵬が熱唱、力士たち大はしゃぎ。
  不可解な言動の続く貴乃花親方の思惑は来年2月の理事長選か、背後に入れ知をしている謎のコンサルタントの影。
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円