counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『Number甲子園ベストセレクションT/9人の怪物を巡る物語』
2017年07月24日(月)


 明日25日、Sports Graphic Numberが編んだ〈甲子園ベストセレクション〉第1弾が出版されます。
 Numberが発刊されて以来、毎年のように誌面を飾ってきた「9人の怪物」の原稿を1冊にまとめたもの。

 いやあ、こうして帯に並んだ名前を見ると、錚々たる顔ぶれだなあ、と改めて思う。
 ぼくが書いたのは、Number858『甲子園熱球白書/真夏の絆。』(2014年7月31日発売号)に収録された『大谷翔平/160km右腕と、夏の続きを。』

 花巻東高校で大谷を育てた佐々木洋監督にインタビューしたのをはじめ、日大や筑波大に進んだチームメートを訪ねて回り、最後に札幌ドームで大谷本人にじっくり話を聞いた。
 ぼくにとって最も思い出深い作品のひとつになった原稿が、夏の甲子園を間近に控えたこの時期、また読者のみなさんの目に触れる機会ができたのはとてもうれしい。

 大谷のプレーを日本で見られるのも、今シーズンが最後になるかもしれませんからね。
 ぜひ御一読ください!

(発行:文藝春秋 第1刷:2017年7月25日 定価:1400円=税別)
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円