counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
【電子書籍版 新発売!】『キャッチャーという人生』
2018年10月7日(日)


 プロ野球のキャッチャー群像を描いた2009年のノンフィクションも電子書籍化されました。
 本作は私がフリーになってから初めて上梓したノンフィクション作品(独立後最初に出た単行本は小説だった)。

 出版業界で本離れ=A紙離れ≠ェ叫ばれている最近、拙著も『プロ野球「第二の人生」』(2015年)以降は単行本と電子版が同時に発売されるようになっています。
 が、この『キャッチャーという人生』から『プロ野球 二軍監督 男たちの誇り』(2011年)、『最後のクジラ 大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』(2013年)までは、まだそういうビジネススタイルが定着していなかった。

 そこで、単行本の出版後数年が経過したいま、改めて、この3作を電子書籍化することになった次第。
 こういう形でひとりでも多くの読者の目に触れれば、と願っております。
 
 登場人物は現巨人ヘッドコーチ・村田真一をはじめ、現ソフトバンク・ヘッドコーチ・達川光男、広島でそのライバルだった山中潔、のちに中日監督となった谷繁元信、ロッテの正捕手として有名を馳せた里崎智也、などなど。
 とかく野村克也、古田敦也の師弟コンビの陰に隠れがちだった実力派≠ノ焦点を当てています。

 興味ある! すぐ買おう!
 という方は、amazon/kindleストアでお買い求めください。

 また、単行本出版当時、キャンペーンの一環として〈ほぼ日〉に掲載された私と糸井重里さんの対談『こういうやつが、いたんだよ。』もぜひ御一読ください!
 こっちも面白いよ!

(発行:講談社 配信開始:2018年10月5日 定価:1200円=税別)