counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
東京スポーツ『赤ペン!!』176
2018年10月2日(火)


 先週の脇谷亮太に続いて、今週も巨人と大変所縁の深い選手の引退ネタです。
 9月28日、ジャイアンツ球場の巨人−日本ハム戦で引退セレモニーが行われた矢野謙次。

 矢野は2006年、ちょうどぼくが会社を辞めてフリーになったシーズンにブレーク。
 「やーのー、けんじー、気合の戦士ー♪」という独特のテーマ曲とも相まって大変な人気を博しました。

 が、その後、調子を崩して出番が減ると、当時の原監督との確執もささやかれ、ベンチを温めることが増えていった。
 ぼくが東スポで連載を始めてから2年目の11年、ジャイアンツ球場へ二軍の試合を取材に行くと、矢野は決して腐ることなく、練習にも試合にもひたむきに取り組んでいた。

 ぼくはその光景に胸打たれるものを感じ、小さなコラムにまとめ、数日後に東スポに掲載された。
 矢野本人には原稿にするとも何とも話していなかったんですが、彼は友だちの電話で私の記事のことを知り、自宅の近所のコンビニへ東スポを買いに走ったそうです。

 この続きは本日の東スポ、大スポ、中京スポ、掲載されたら九スポでお読みください!

※一部地域は翌日水曜発売。
※朝刊の九州スポーツも同日掲載(ただし紙面の都合上、水曜以降掲載となる場合もあります)。
※ネット転載は原則として翌日水曜日11時以降。