counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
Number962『V3から日本一へ カープの花道/34年前の日本一』
2018年09月27日(木)


 Numberのカープ優勝記念号、今回はなんと、3連覇決定の翌日が発売日に重なりました。
 これまでにいろいろなチームの特集号が出たけれど、これほどドンピシャリのタイミングとなったのは初めてじゃないか。

 新井貴浩、鈴木誠也、大瀬良大地ら投打の主力に加え、今年亡くなった衣笠祥雄さん、ミスター・赤ヘル山本浩二さんら、初優勝当時のレジェンドも登場。
 1979年の〈江夏の21球〉以来、初めて実現した江夏豊さんと古葉竹識さんの対談というスペシャル企画もあります。

 そうしたラインナップの中で私が書いたのは『1984年、神風が呼んだ日本一』。
 カープが阪急を降して最後の日本一となった34年前の日本シリーズを振り返った短編ノンフィクションです。

 主な登場人物は、あのシリーズのMVPだった長嶋清幸さん、打率5割をマークした高橋慶彦さん、そして巧みなリードで3冠王ブーマーを封じ込んだ達川光男さん。
 取材中、SNSでもチラチラ書いていたように、あれから34年経っても、みなさん相変わらず元気です!

 ちなみに、Numberがカープの特集を編むのは通算4度目で、私の執筆もこれが4回目。
 今回の原稿が好評なら5回目もあるかな、いや、その前にカープに34年ぶりに日本一になってもらわないとね。

 ぜひ御一読ください!

(発行:文藝春秋 2018年10月11日号 定価:600円=税込)