counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
東京スポーツ『赤ペン!!』139
2018年01月16日(火)

 今回の『赤ペン!!』掲載日は、今年の野球殿堂入りが発表されたきのうのきょう。
 ということで、久しぶりに原辰徳氏の思い出と将来について書いてみました。

 原さんに関しての思い出は尽きない。
 いいことも悪いこともいっぱいある。

 何だ、散々お世話になっておいて、「悪い」思い出もあるのかと、原ファンには怒られるかな。
 でも、直に接するスター選手&監督とは大なり小なり、そういうものです。

 長嶋さんや王さんもそうだけれど、社会的著名人の人格にはどうしても二面性、というより多面性が生じるものだから。
 選手としての引退、最初に監督を辞任したときなど、原さん本人が語りたがらない出来事も多いし。

 そんな原さんがもう一度、監督としてユニフォームを着るチャンスはあるか、ないか。
 原さんはまだ59歳で、長嶋さんは巨人で65歳、王さんはソフトバンクで68歳、星野さんは楽天で67歳まで監督として采配を振り続けた。

 となると、原さんがこのまま監督を引退≠オてしまうのはまだ早い、という見方もできる。
 ここから先、興味のある方はきょうの東スポ、大スポ、中京スポで御一読ください!

(※ネット転載は原則として翌水曜日。
 ※一部地域は翌日水曜発売、朝刊の九州スポーツは水曜以降掲載予定)