counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『日本女侠伝 侠客芸者』(東映ch)
2015年06月24日(水)


 東映の女侠客・藤純子といえば、何といっても〈緋牡丹博徒〉のお竜さんだろう。
 子供のころ、テレビで見た第6作『緋牡丹博徒 お竜参上』(加藤泰監督、1968年)の名場面はいまも鮮明に記憶に残っている。

 雪の降りしきる橋のたもと、故郷へ帰る流れ者・菅原文太にお竜さんがみかんを手渡すと、そのひとつが転がって降り積もった雪に一筋の轍を描く。
 これを加藤泰独自の美学で持って、地べたすれすれで撮ったカットが忘れがたい。

 その前か後か、喧嘩(でいり)で仇敵の根城に乗り込むお竜さんの姿に、藤純子が自ら歌う主題歌がかぶさる。
 ♪娘盛りを 渡世にかけて 張った体に緋牡丹燃える 女の 女の 女の意気地 度の夜空に 恋も散る

 いよいよ勝負というその直前、ドスを抜いて相手を睨みつけるキリリとした目つきにしびれないではいられない。
 凄み、妖艶、可愛らしさと、すべてを含んだ「女ならではのカッコよさ」としか表現しようのないあの目、どんな美人女優も真似のできないあの表情は、いまだにぼくの憧れだ。

 本作は〈緋牡丹博徒〉シリーズに続く新シリーズの第1弾で、タイトルバックでいきなり藤純子が「あの目」で大見得を切ってくれる。
 不埒なやくざ者の客の無体な注文を撥ね付け、周囲の三下が長ドスを振りかざした途端、キッと見上げた藤純子の顔に『日本女侠伝 侠客芸者』と筆書きのタイトルがかぶさり、音楽がドドーン!!!

 藤純子の役どころは博多一の売れっ子芸者・信次。
 見目艶やかな芸達者、男勝りの喧嘩上手、数多の上得意を持ちながら、なけなしの銭で駆け込んできた入山直前の坑夫を優しくもてなす気っ風のよさも持ち合わせている。

 そんな坑夫たちを束ねる納屋頭で、払うべきものは払わせていただきます、と頭を下げるのが高倉健。
 いえ、いただくべきものいただいてますからと、これをきっぱり断る純子と健さんは、すぐさま当然のように好意を抱き合うようになる、という展開は見え透いていても納得できる。

 敵役は健さんの経営する炭坑を買収しようとつけ狙う大手石炭会社社長・金子信雄、その配下のやくざ(現代でいう企業舎弟)の親分・遠藤太津朗というお馴染みの面々。
 執拗な嫌がらせのあげく、ダイナマイトを仕掛けられて炭坑を爆破、坑夫を殺された健さんは、ついに堪忍袋の緒を切り、長ドス片手に金子、遠藤の根城に殴り込む。

 高倉扮する納屋頭は元やくざ者という設定で、クライマックスでもろ肌脱いだ途端、見事な彫り物が大映しになる。
 ここから血みどろになりながら遠藤、金子に迫ってゆく迫力とカッコよさはさすがは健さんで、ぼくが見た健さん映画≠フ中では一、二を争う出来映え。

 その健さんの殺陣に純子の演じる舞いがかぶさり、カットバックで両者を交互に見せてゆくシークェンスは、東映任侠路線の美学が到達したひとつの頂点と言っても言い過ぎではない。
 筵をかぶせられ、担架で運ばれる健さんの骸(むくろ)を、純子が黙って見送る場面も素晴らしい。

 ラスト、平和の戻った博多の店で、純子にお座敷のお呼びがかかる。
 画面一杯に映った純子が化粧をしているうち、大きく開いた両目から涙がこぼれ落ちてくる様をワンシーンワンカットで見せたところでストップモーション。

 監督は山下耕作、脚本は野上龍雄、撮影は鈴木重平、企画はもちろん俊藤浩滋と日下部五朗。
 お見事でした。

 お勧め度はA。

(1969年 東映 99分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2015リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

59『現代やくざ 与太者仁義』(1969年/東映)C
58『暗黒街最大の決斗』(1963年/東映)C
57『ヒッチハイク』(1977年/伊)B
56『裏切りの荒野』(1967年/伊)C
55『ミッション』(1986年/英)B
54『生きてこそ』(1993年/米)B
53『ダブル・ジョパディー』(1999年/米)B
52『レ・ミゼラブル』(2012年/米)A
51『トランセンデンス』(2014年/米)C
50『ダイバージェント』(2014年/米)C
49『狼男アメリカン』(1981年/米)B
48『グレートレース』(1965年/米)B
47『海底二万哩』(1954年/米)B
46『救命艇』(1944年/米)B
45『ゴジラ』(1984年/東宝)C
44『怪獣総進撃』(1968年/東宝)C
43『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年/東宝)C
42『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年/東宝)C
41『リアリティー』(2012年/伊、仏)C
40『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年/諾、瑞、丁)C
39『まごころを君に アルジャーノンに花束を』(1968年/米)C
38『ビューティフル・マインド』(2001年/米)B
37『あ・うん』(1989年/東宝)B
36『ローン・サバイバー』(2014年/米)A
35『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)B
34『真昼の決闘』(1952年/米)A
33『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年/米)B
32『運動靴と赤い金魚』(1997年/伊蘭)A
31『ルームメイト』(2013年/東映)C
30『モテキ』(2011年/東宝)C
29『神様のカルテ』(2011年/東宝)C
28『バットマン』(1989年/米)B
27『バックドラフト』(1991年/米)B
26『イーグル・アイ』(2008年/米)A
25『そこのみにて光輝く』(2014年/東京テアトル他)A
24『サイドウェイ』(2004年/米)A
23『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012年/仏)C
22『メトロ42』(2012年/露)C
21『リベンジ・マッチ』(2013年/米)C
20『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年/米)C
19『ボーン・アルティメイタム』(2007年/米)B
18『ボーン・スプレマシー』(2003年/米)B
17『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)B
16『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(2012年/韓)B
15『ハードエイト』(1996年/米)A
14『刑事コロンボ 第38話「ルーサン警部の犯罪」』(1976年/米)B
13『刑事コロンボ 第37話「さらば提督」』(1976年/米)B
12『ワイルド・ビル』(1995年/米)C
11『鷲と鷹』(1969年/米)C
10『プロフェッショナル』(1966年/米)C
9『戦略大作戦』(1970年/米)C
8『スリー・キングス』(1999年/米)B
7『里見八犬伝』(1983年/角川春樹事務所)C
6『パシフィック・リム』(2013年/米)A
5『大脱出』(2013年/米)B
4『追悼のメロディ』(1976年/仏)A
3『フリック・ストーリー』(1975年/仏、伊)B
2『ロボコップ』(2014年/米)B
1『アメリカン・ハッスル』(2013年/米)B
Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円