counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『レ・ミゼラブル』(WOWOW)
2015年06月16日(火)
Les Misérables


 2013年の正月映画として公開されたブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。
 同年2月に発表されたアカデミー賞で作品賞、主演男優賞をはじめ7部門にノミネートされ、アン・ハサウェイの助演女優賞など3部門でオスカーを獲得し、日本でも大ヒットした。

 セリフはすべて歌で、しかも2時間半超の長尺ながら、最後までダレることなく一気に見せる。
 ハリウッド製ミュージカル映画の場合、歌は本職の歌手が吹き替えるのがふつうだが、本作では俳優たちがみんな自分で歌ったという。

 ジャン・バルジャンのヒュー・ジャックマン、ジャベールのラッセル・クロウ、ファンティーヌのアン・ハサウェイとそれぞれ好演で、本業ではない歌唱力でも結構頑張っている。
 ただ、クロウは最近、あまりにブヨッとし過ぎていて、演技もいまひとつ深みを感じさせないのが気になった。

 準主役ともいうべきコゼットのアマンダ・セイフライドはミスキャストだったかな。
 アクの強い女優なので、恋人ポンメルシーのエディ・レッドメイン(今年『博士と彼女のセオリー』でアカデミー主演男優賞受賞)といまひとつ噛み合っていなかったように思う。

 おれ、個人的なレミゼ¥苑フ験は、子供のころ小学館の『少年少女世界文学全集』で読んだ『あゝ無情』なんだよね。
 当時はジャン・バルジャンが人目を忍んで生きてゆかざるを得ず、様々な辛酸を舐めたあげくに死んでしまう姿がただただ哀れに思えて、シクシク泣きながら読み終えたものです。

 あのヴィクトル・ユゴーの小説がこんなに華やかなミュージカルになるとはなあ。
 ある意味、原作の翻案、いまふうに言うならリブート作品のお手本かもしれない。

 個人的にはいまひとつ好みに合わないが、お勧め度はA。

(2012年 アメリカ=ユニヴァーサル・ピクチャーズ/日本配給=東宝東和 158分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2015リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

51『トランセンデンス』(2014年/米)C
50『ダイバージェント』(2014年/米)C
49『狼男アメリカン』(1981年/米)B
48『グレートレース』(1965年/米)B
47『海底二万哩』(1954年/米)B
46『救命艇』(1944年/米)B
45『ゴジラ』(1984年/東宝)C
44『怪獣総進撃』(1968年/東宝)C
43『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年/東宝)C
42『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年/東宝)C
41『リアリティー』(2012年/伊、仏)C
40『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年/諾、瑞、丁)C
39『まごころを君に アルジャーノンに花束を』(1968年/米)C
38『ビューティフル・マインド』(2001年/米)B
37『あ・うん』(1989年/東宝)B
36『ローン・サバイバー』(2014年/米)A
35『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)B
34『真昼の決闘』(1952年/米)A
33『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年/米)B
32『運動靴と赤い金魚』(1997年/伊蘭)A
31『ルームメイト』(2013年/東映)C
30『モテキ』(2011年/東宝)C
29『神様のカルテ』(2011年/東宝)C
28『バットマン』(1989年/米)B
27『バックドラフト』(1991年/米)B
26『イーグル・アイ』(2008年/米)A
25『そこのみにて光輝く』(2014年/東京テアトル他)A
24『サイドウェイ』(2004年/米)A
23『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012年/仏)C
22『メトロ42』(2012年/露)C
21『リベンジ・マッチ』(2013年/米)C
20『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年/米)C
19『ボーン・アルティメイタム』(2007年/米)B
18『ボーン・スプレマシー』(2003年/米)B
17『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)B
16『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(2012年/韓)B
15『ハードエイト』(1996年/米)A
14『刑事コロンボ 第38話「ルーサン警部の犯罪」』(1976年/米)B
13『刑事コロンボ 第37話「さらば提督」』(1976年/米)B
12『ワイルド・ビル』(1995年/米)C
11『鷲と鷹』(1969年/米)C
10『プロフェッショナル』(1966年/米)C
9『戦略大作戦』(1970年/米)C
8『スリー・キングス』(1999年/米)B
7『里見八犬伝』(1983年/角川春樹事務所)C
6『パシフィック・リム』(2013年/米)A
5『大脱出』(2013年/米)B
4『追悼のメロディ』(1976年/仏)A
3『フリック・ストーリー』(1975年/仏、伊)B
2『ロボコップ』(2014年/米)B
1『アメリカン・ハッスル』(2013年/米)B
Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円