counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『ダイバージェント』(WOWOW)
2015年06月14日(日)
Divergent


 アメリカでベストセラーとなったディストピア系SF小説の映画化作品。
 文明が荒廃したはるかな未来(もしくは異次元の世界)で、非人間的な管理社会体制を打倒しようと奮闘する少女の物語、という基本的な設定は『ハンガー・ゲーム』(2012年)とよく似ている。

 舞台はアメリカ(=地球上)でただひとつ(らしい)人間が生存している都市シカゴ。
 社会は政治、科学、司法、食料、警察と5つの役割を担うカテゴリーに分轄されており、人々は成人の儀式の日にどこの所属するかを自ら選んで、その選択は二度と変更できない、という決まりになっている。

 ヒロインのベアトリス(シェイリーン・ウッドリー)は政治に生きる一家の娘だったが、自ら警察のカテゴリーを選択。
 彼女が様々な試練に立ち向かい、教官のフォー(テオ・ジェームズ)と惹かれ合うようになってゆく、という前半は定石通りながら、まずまずよくできている。

 しかし、後半以降、御都合主義の展開が多いのは目に余る。
 ベアトリスが窮地に陥るたびにどこからともなく母親(アシュレイ・ジャッド)が現れたり、母娘ともども逃亡している最中に母親のほうだけ撃たれて死んでしまったり。

 さらに、前半で科学のカテゴリーに入り、彼らに取り込まれていたはずの兄が突然ベアトリスの目の前に現れ、「彼らの陰謀に気づいたんだ」とくる。
 大詰めで初の悪役を演じたケイト・ウィンスレットが何ともおバカな体たらくを見せ、あっけなく事態を収集させてしまったのも腰砕け。

 『ハンガー・ゲーム』同様、シリーズ化されて3作目まで作られるそうだが、ぼくは見ない。
 お勧め度はC。

(2014年 アメリカ=サミット・エンターテインメント、ライオンズゲート、KADOKAWA 139分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2015リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

49『狼男アメリカン』(1981年/米)B
48『グレートレース』(1965年/米)B
47『海底二万哩』(1954年/米)B
46『救命艇』(1944年/米)B
45『ゴジラ』(1984年/東宝)C
44『怪獣総進撃』(1968年/東宝)C
43『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年/東宝)C
42『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年/東宝)C
41『リアリティー』(2012年/伊、仏)C
40『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年/諾、瑞、丁)C
39『まごころを君に アルジャーノンに花束を』(1968年/米)C
38『ビューティフル・マインド』(2001年/米)B
37『あ・うん』(1989年/東宝)B
36『ローン・サバイバー』(2014年/米)A
35『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)B
34『真昼の決闘』(1952年/米)A
33『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年/米)B
32『運動靴と赤い金魚』(1997年/伊蘭)A
31『ルームメイト』(2013年/東映)C
30『モテキ』(2011年/東宝)C
29『神様のカルテ』(2011年/東宝)C
28『バットマン』(1989年/米)B
27『バックドラフト』(1991年/米)B
26『イーグル・アイ』(2008年/米)A
25『そこのみにて光輝く』(2014年/東京テアトル他)A
24『サイドウェイ』(2004年/米)A
23『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012年/仏)C
22『メトロ42』(2012年/露)C
21『リベンジ・マッチ』(2013年/米)C
20『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年/米)C
19『ボーン・アルティメイタム』(2007年/米)B
18『ボーン・スプレマシー』(2003年/米)B
17『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)B
16『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(2012年/韓)B
15『ハードエイト』(1996年/米)A
14『刑事コロンボ 第38話「ルーサン警部の犯罪」』(1976年/米)B
13『刑事コロンボ 第37話「さらば提督」』(1976年/米)B
12『ワイルド・ビル』(1995年/米)C
11『鷲と鷹』(1969年/米)C
10『プロフェッショナル』(1966年/米)C
9『戦略大作戦』(1970年/米)C
8『スリー・キングス』(1999年/米)B
7『里見八犬伝』(1983年/角川春樹事務所)C
6『パシフィック・リム』(2013年/米)A
5『大脱出』(2013年/米)B
4『追悼のメロディ』(1976年/仏)A
3『フリック・ストーリー』(1975年/仏、伊)B
2『ロボコップ』(2014年/米)B
1『アメリカン・ハッスル』(2013年/米)B