counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『救命艇』(STARch2)
2015年06月9日(火)
Lifeboat


 第2次世界大戦の最中、『海外特派員』(1940年)や『逃走迷路』(1942年)と同様、戦意昂揚映画として製作されたヒッチコック作品。
 原作はアメリカの文豪スタインベックで、ヒッチコックにしては珍しい文芸映画と言えなくもない。

 今日でも目を見張らされるのは、舞台を救命艇の上だけにほぼ限定したスタイルである。

 ヒッチコックには、アパートの一室のみで展開するストーリーを全篇ワンシーン・ワンカットで撮影した『ロープ』(1948年)という作品もあったが、手法自体が主役になってしまって本筋の殺人事件に対する興味が殺がれた憾みがあり、サスペンス映画としては成功していなかった。

 その点、本作は救命艇に乗り合わせた8人の生存者の物語だから、こちらも最初から前のめりになって彼らのサバイバル・ドラマに集中できる。

 開巻、貨客船の煙突が大映しになり、タイトル・クレジットがスタートするとカメラが引き始める。
 クレジットが終わるころ、てっきり船の全景が映し出されるのだろうと思っていたら、煙突から下はすでに沈んでいて、煙突が海中に没したところから本篇がスタート。

 海面の上をカメラがパンして、船の残骸やら乗客の衣服やバッグが映り、さっそく救命艇が出てくると、その上で髪をアップに結い、きちんとスーツを身にまとったタルラ・バンクヘッドが、クールな表情で化粧を直している、という人を食った出だしが面白い。

 このボートに、海を漂っていた7人の生存者が次から次へと這い上がってくる。
 最後に泳ぎついたのが貨客船を沈めたUボートのドイツ兵ウォルター・スレザックで、彼を船から降ろすべきか、乗せておくべきかとアメリカ人たち7人が侃々諤々の議論を展開。

 ドイツ語を話せるタルラが取りなしてボートにとどまったスレザック、Uボートの乗組員だっただけあり、救命艇の操縦や足が壊疽に冒された技師の手術など、船長兼船医ばりの特殊技能を発揮して大いに貢献。
 ついにはみんながスレザックの意見を受け入れ、彼の指示する方向へ艇を向けるのだが、実はこのドイツ兵には秘かな企みがあった。

 サスペンス映画というより極限状況における人間関係を描いたヒューマン・ドラマで、ジョン・ヒューストン監督、ハンフリー・ボガート主演の『黄金』や『キー・ラーゴ』(いずれも1948年)を彷彿させる。
 ドイツ兵が正体を現してからが意外に盛り上がらず、オチもいささか腰砕けながら、今日でもちゃんと楽しめる映画になっているのはさすがヒッチコックと言うべし。

 昔の映画だけに、食料はどこにしまってあったのか、排泄はどうやってすませているのか、都合よく端折られているディテールが多いのは仕方のないところか。
 
 お勧め度はB。

(1944年 アメリカ=20世紀FOX 日本劇場未公開 97分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2015リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

45『ゴジラ』(1984年/東宝)C
44『怪獣総進撃』(1968年/東宝)C
43『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967年/東宝)C
42『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年/東宝)C
41『リアリティー』(2012年/伊、仏)C
40『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014年/諾、瑞、丁)C
39『まごころを君に アルジャーノンに花束を』(1968年/米)C
38『ビューティフル・マインド』(2001年/米)B
37『あ・うん』(1989年/東宝)B
36『ローン・サバイバー』(2014年/米)A
35『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年/米)B
34『真昼の決闘』(1952年/米)A
33『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年/米)B
32『運動靴と赤い金魚』(1997年/伊蘭)A
31『ルームメイト』(2013年/東映)C
30『モテキ』(2011年/東宝)C
29『神様のカルテ』(2011年/東宝)C
28『バットマン』(1989年/米)B
27『バックドラフト』(1991年/米)B
26『イーグル・アイ』(2008年/米)A
25『そこのみにて光輝く』(2014年/東京テアトル他)A
24『サイドウェイ』(2004年/米)A
23『ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男』(2012年/仏)C
22『メトロ42』(2012年/露)C
21『リベンジ・マッチ』(2013年/米)C
20『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年/米)C
19『ボーン・アルティメイタム』(2007年/米)B
18『ボーン・スプレマシー』(2003年/米)B
17『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)B
16『ザ・タワー 超高層ビル大火災』(2012年/韓)B
15『ハードエイト』(1996年/米)A
14『刑事コロンボ 第38話「ルーサン警部の犯罪」』(1976年/米)B
13『刑事コロンボ 第37話「さらば提督」』(1976年/米)B
12『ワイルド・ビル』(1995年/米)C
11『鷲と鷹』(1969年/米)C
10『プロフェッショナル』(1966年/米)C
9『戦略大作戦』(1970年/米)C
8『スリー・キングス』(1999年/米)B
7『里見八犬伝』(1983年/角川春樹事務所)C
6『パシフィック・リム』(2013年/米)A
5『大脱出』(2013年/米)B
4『追悼のメロディ』(1976年/仏)A
3『フリック・ストーリー』(1975年/仏、伊)B
2『ロボコップ』(2014年/米)B
1『アメリカン・ハッスル』(2013年/米)B