counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『マン・オブ・スティール』(WOWOW)
2014年08月1日(金)
Man of Steel

click!
 いやー、暗いスーパーマンだったなー。

 バットマンのリブートシリーズ(『バットマン ビギンズ』2005年、『ダークナイト』08年、『ダークナイト ライジング』12年)をつくったスタッフによるスーパーマンのリブート版である。

 バットマンシリーズを監督したクリストファー・ノーランが制作に回り、脚本を書いたデヴィッド・S・ゴイヤーとともに原案を作成。
 そのゴイヤーが書いた脚本を、『ウォッチメン』(2009年)のザック・スナイダーが監督している。

 ぼくはノーラン&ゴイヤー版バットマンシリーズは好きだし、『ウォッチメン』も評価している側だ。
 賛否両論あるのは仕方がないと思っている、ということも含めて。

 それにしても、このスーパーマンのリブート版はいただけなかった。

 好みの問題ではあるが、マスクをかぶって夜の街を主戦場とするバットマンと違い、青空を飛び回るスーパーマンはあくまでも明るく、紳士で、健康的なヒーローである。

 どんなに暴れてもやっつけられても七三に分けられたヘアスタイルは一糸も乱れず、悪者を退治してニッコリ笑うっつーのが本来のスーパーマンのあるべき姿だと思うのですよ。

 イリヤ・サルキンドとリチャード・ドナー(及びリチャード・レスター)による初の本格的実写映画化版『スーパーマン』(1978年)、『スーパーマンU冒険篇』(1980年)が最高だと思っている51歳のオッサンとしては。

 こんなふうにスーパーマンを異星人、即ち実社会におけるマイノリティーのメタファーみたいに描いたんじゃカタルシスも何もあったもんじゃない。
 
 個人的にちょっと目を引かれたのは、ゾッド将軍にマイケル・シャノンが扮していること。
 佳作『テイク・シェルター』(2011年)で狂気に蝕まれる片田舎のブルーカラーを巧みに演じていた俳優さんです。
 
 そういや、ケビン・コスナーもダイアン・レインもトシとったね。

 お勧め度はCとしておきます。

(2013年 アメリカ=ワーナー・ブラザース 143分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

53『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年/米)C
52『怪獣大戦争』(1965年/東宝)B
51『ワールド・ウォーZ』(2013年/米)C
50『ゾディアック』(2007年/米)B
49『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年/米)C
48『刑事コロンボ 第32話「忘れられたスター」』(1975年/米)B
47『刑事コロンボ 第31話「5時30分の目撃者」』(1975年/米)B
46『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000年/米)C
45『バニラ・スカイ』(2001年/米)C
44『陽だまりのグラウンド』(2001年/米)B
43『HIT&RUN』(2012年/米)C
42『探偵はBARにいる』(2011年/東映)C
41『死霊のはらわた』(2013年/米)B
40『ラストスタンド』(2013年/米)C
39『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』(2012年/米、英、南ア)C
38『私の奴隷になりなさい』(2012年/角川映画)C
37『クロユリ団地』(2013年/松竹、日活)C
36『パンチドランク・ラブ』(2002年/米)B
35『ザ・マスター』(2012年/米)B
34『マグノリア』(1999年/米)B
33『ジャッキー・コーガン』(2012年/米)B
32『ザ・ワーズ 盗まれた人生』(2013年/米)A
31『ポセイドン』(2006年/米)C
30『野蛮なやつら/SAVAGE』(2012年/米)B
29『L.A.ギャング ストーリー』(2013年/米)C
28『スプリング・ブレイカーズ』(2012年/米)C
27『エデン』(2012年/米)B
26『ハズバンズ』(1970年/米)B
25『こわれゆく女』(1974年/米)B
24『刑事コロンボ 第30話「ビデオテープの証言」』(1975年/米)B
23『刑事コロンボ 第29話「歌声の消えた海」』(1975年/米)B
22『お熱いのがお好き』(1959年/米)A
21『サンセット大通り』(1950年/米)A
20『恐怖と欲望』(1953年/米)B
19『ガン・ホー』(1986年/米)B
18『カポーティ』(2005年/米)A
17『刑事コロンボ 第28話「祝砲の挽歌」』(1974年/米)A
16『刑事コロンボ 第27話「逆転の構図」』(1974年/米)B
15『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012年/米)B
14『マーニー』(1964年/米)B
13『テッド』(2012年/米)C
12『ホーンティング』(1999年/米)C
11『フライト』(2012年/米)C
10『殺しの烙印』(1967年/日活)C
9『野獣の青春』(1963年/日活)A
8『黒蜥蜴』(1968年/松竹)B
7『帰ってきたウルトラマン ハイビジョンリマスター版』(1971年/円谷プロ)A=内容 D=リマスター処理
6『GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜』(2008年/米)C
5『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』(2012年/米)A
4『テルマ&ルイーズ』(1991年/米)A
3『太陽の帝国』(1987年/米)A
2『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(2013年/米)D
1『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』(2012年/米)C
月刊PHP4月号
ヒューマン・ドキュメント
生涯精進の江戸竿師
中根喜三郎
定価205円