counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『めまい』(WOWOW)
2012年02月3日(金)
Vertigo

click!
 ノーカット字幕版、及び1996年のレストア版は初見。
 テレビ放映された吹替版は学生時代に見ているが、当然ズタズタにカットされていた上にちっぽけなオンボロの白黒テレビだったんだよな。
 今回は映像が非常に美しく、高所恐怖症を表現したカットも迫力タップリで、ラストシーンを見るまで一度見ていることに気がつかなかったほど。
 前半はしっかり者だった元刑事のジェームス・スチュワートが、神経衰弱となった後半はキム・ノヴァクの面影を追いかけるストーカーのようになってくる。
 このトーンの鮮やかな変換、さらにそうした中で真相が浮かび上がってくる構成が実に見事。これはだまされますよ。
 ただし、ノヴァクの行動や完全犯罪のトリックには納得できない部分も少なくない。
 日本製のDVDにはもっと後味のいい別のラストが収録されているという。これはそのうち見てみたい。
 お勧め度はB。

(1958年 アメリカ=パラマウント/ユニバーサル 128分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

10『おかしなおかしなおかしな世界』(1963年/米)C
9『ザ・ロード』(2009年/米)C
8『黄金の七人』(1965年/伊)B
7『白いリボン』(2009年/オーストリアほか)B
6『ミーン・ストリート』(1973年/米)A
5『デルス・ウザーラ』(1975年/ソ・日)A
4『JSA』(2000年/韓国)B
3『あしたのジョー』(2011年/東宝)C
2『ボーン・アイデンティティー』(2002年/米)A
1『ハイ・クライムズ』(2002年/米)B
Number959
夏の甲子園
100人のマウンド
池田高校・水野雄仁
定価590円