counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『アンドロメダ・ストレイン』(セルDVD)
2018年06月2日(土)
The Andromeda Strain


 マイクル・クライトンのSF小説『アンドロメダ病原体』(1969年)をテレビミニシリーズとして映像化した作品。
 ロバート・ワイズ監督による映画化作品『アンドロメダ…』(1971年)のリメークでもある。

 製作総指揮はリドリー&トニー・スコット兄弟、監督が『アビス』(1989年)や『バック・ドラフト』(1991年)で撮影を担当したカメラマン出身のミカエル・サロモン。
 この顔ぶれで大いに期待したのだが、結果としてはワイズの映画化版に遠く及ばない出来栄えに終わっている。

 ユタ州ピードモントの田舎町に人工衛星スクープが落下し、ほどなく町民のほぼ全員が死んでしまう。
 死者はすべて体内の血液が凝固しているという異様な状態を示している中、アル中の老人と泣き続けている赤ん坊のふたりだけが生き残っていた。

 宇宙からもたらされた病原体の正体は何か?
 どうして老人と赤ん坊だけが感染を免れたのか?

 急遽国家プロジェクト「ワイルドファイア」の科学者チームが召集され、核爆弾による自爆装置を備えた地下に建設された秘密基地に集合。
 彼らが生存者と人工衛星の破片を調査しているうち、ピードモントだけでなく、地球全土がこの病原体の脅威にさらされていることがわかってくる。

 ワイズによる映画版ではストーリーと舞台を地下基地の1カ所に限定し、ドラマの焦点を「科学者チームvs.アンドロメダ」に絞り、息詰まるような緊張感とサスペンスを醸成することに成功していた。
 しかし、テレビ版をプロデュースしたスコット兄弟、脚本を書いたロバート・シェンカンは、同じことをやっても仕方がないと思ったようで、映画版には出てこなかった大統領、スクープの墜落事故を嗅ぎ回るテレビリポーターなど、様々な新キャラを登場させている。

 これがとんだ逆効果で、見どころが増えたように見える半面、全体的に散漫なドラマになってしまった。
 米軍の兵士たちがピードモントから拡散した病原体に感染し、ゾンビのように凶暴化して暴れ回る、というのもいまとなっては見飽きた趣向というほかない。

 クライトンの原作やワイズの映画版を知らないファンにはそこそこ楽しめるかもしれないが。
 オススメ度C。

(2008年 アメリカ=A&Eネットワーク/日本放送2009年 スター・チャンネル 前編89分 後編88分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

54『ヘイル、シーザー!』(2016年/米)B
53『パトリオット・デイ』(2016年/米)A
52『北陸代理戦争』(1977年/東映)A
51『博奕打ち外伝』(1972年/東映)B
50『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(1970年/大映)B
49『暴力金脈』(1975年/東映)B
48『資金源強奪』(1975年/東映)B
47『ドライヴ』(2011年/米)C
46『バーニング・オーシャン』(2016年/米)A
45『追憶の森』(2015年/米)B
44『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年/ワーナー・ブラザース)B
43『パットン大戦車軍団』(1970年/米)B
42『レッズ』(1981年/米)B
41『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016年/米)B
40『エクス・マキナ』(2015年/米)B
39『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年/西)B
38『ムーンライト』(2016年/米)B
37『アメリカン・バーニング』(2017年/米)B
36『セル』(2017年/米)C
35『トンネル 闇に鎖された男』(2017年/韓)B
34『弁護人』(2013年/韓国)A
33『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/クロックワークス)A
32『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(2017年/東宝)B
31『南極料理人』(2009年/東京テアトル)B
30『沈黙 -サイレンス-』(2016年/米)B
29『メッセージ』(2016年/米)B
28『LOGAN/ローガン』(2017年/米)C
27『チャック〜“ロッキー”になった男〜』(2017年/アメリカ)B
26『ヒッチコック/トリュフォー』(2015年/米、仏)B
25『沖縄やくざ戦争』(1976年/東映)B
24『恐喝こそわが人生』(1968年/松竹)B
23『われに撃つ用意あり』(1990年/松竹)C
22『T2 トレインスポッティング』(2017年/英)A
21『ロスト・エモーション』(2016年/米)C
20『激流』(1994年/米)C
19『チザム』(1970年/米)B
18『駅馬車』(1939年/米)A
17『明日に処刑を…』(1972年/米)A
16『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(1988年/仏、伊)B
15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A