counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(WOWOW)
2018年02月11日(日)
Le Grand Bleu


 いまや巨匠となったリュック・ベッソンの出世作で、劇場公開当時のタイトルは『グレート・ブルー』だった。
 同時期に公開されたジュゼッペ・トルナトーレの『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年)と同様、上映時間が異なるいくつかのバージョンが存在しており、先月WOWOWで放送されたのはフランス本国で最初に公開されたオリジナル版。

 ギリシアの海辺の街で育った2人のフリーダイバー、フランス人のジャック・マイヨール(ジャン=マルク・バール)、イタリア人のエンゾ・モリナーリ(ジャン・レノ)の友情と人生が描かれる。
 マイヨールは世界的に有名な実在のダイバーで、エンゾもエンゾ・マイオルカという実在のダイバーをモデルにしているが、内容はまったくのフィクション。

 幼いころ、父親を潜水事故で亡くしたマイヨールは、スポーツとしてのダイビングより、海やプールでイルカと戯れることに生きがいを見出していた。
 一方のエンゾは「ダイビングは男の中の男のスポーツ」が持論で、潜水記録の深度と時間を更新し続け、世界チャンピオンであることを誇りにしている。

 しかし、ダイビングの才能と心肺能力が上だったのはマイヨールのほうだった。
 エンゾに「おれと戦え」と競技会に誘われたマイヨールは、あっさりとエンゾの記録を更新してしまう。

 負けず嫌いのエンゾは、危険だからやめるようにという周囲の制止を振り切って新記録に挑戦。
 と、ここまできたところで、オチと結末はある程度予想できてしまう。

 作品全体の雰囲気は悪くなく、楽しんで見ていられるが、ところどころで引っ掛かりを覚えるくだりが少なくない。
 例えば、終盤の海中での葬儀は、明らかにロベール・アンリコの『冒険者たち』(1967年)にインスパイアされたもので、ぼくとしてはオリジナルがダブって素直に感動できなかった。

 また、潜水病にかかったマイヨールが深夜に突然起き出し、泣き叫ぶ恋人ジョアンナ(ロザンナ・アークェット)が止めるのも聞かず、発作的に海へ潜ってしまうところは動機が不明で理解しにくい。
 マイヨールが海に戻るのなら、天気のいい昼間にダイビングへ出かけたほうが快適だろうし、それなら納得できたのだが。

 オススメ度B。

(1988年 フランス、イタリア 132分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A