counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(特別版/WOWOW)
2018年01月27日(土)
Pat Garrett and Billy the Kid


 これまで見逃していたサム・ペキンパーの代表作の1本。
 主人公ビリー・ザ・キッドを演じたシンガーソングライターのクリス・クリストファーソンが俳優業に進出し、いまやノーベル文学賞歌手となったボブ・ディランが重要な脇役として本格的な演技を見せていることでも知られる。

 19世紀末期の西部開拓時代、お尋ね者のビリーを逮捕するため、ニューメキシコ準州知事のルー・ウォレス(ジェーソン・ロバーズ)はパット・ギャレット(ジェームズ・コバーン)を保安官に任命する。
 ギャレットもかつてはビリーと組んでいた無法者だったが、時代の趨勢とともにヤクザ稼業を諦め、生活のためにビリーを追い詰めざるを得ない。

 一度はギャレットに逮捕されたビリーだったが、便所に隠しておいた拳銃でギャレットの部下を殺して脱獄。
 最後はギャレット自らビリーに拳銃を向けることになる。

 このビリーとギャレットの友情と距離感の描き方が絶妙。
 リチャード・ジェッケル、スリム・ピケンズ、ジャック・イーラム、ハリー・ディーン・スタントン、L・Q・ジョーンズ、R・G・アームストロング、エミリオ・フェルナンデス(珍しくリンチに遭う善人役)など、この時代のB級アクションに欠かせなかったアクの強い顔ぶれが勢ぞろいしているのもうれしい。

 でも、当時35歳だったクリストファーソンはとても21歳には見えないけどね。
 オススメ度B。


 
(1973年 アメリカ=20世紀フォックス 116分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A