counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『わらの犬』(WOWOW)
2018年01月26日(金)
Straw Dogs


 いまさら説明の必要もないバイオレンス・アクションの巨匠サム・ペキンパーの傑作の1本。
 西部のガンマンや現代の殺し屋ではなく、自室に引きこもってばかりいるニートみたいな数学者(ダスティン・ホフマン)が主人公、というところがミソである(劇場公開当時、「ニート」という言葉はなかったが)。

 中学か高校のころ、地上波テレビの洋画番組で見て以来の再見で、ノーカット字幕版は今回が初見。
 ホフマンが都会の喧騒を嫌って妻(スーザン・ジョージ)の故郷でもあるイギリスの片田舎に移り住み、閉鎖的な村の男たちに妻をレイプされたあげく、自分の命まで危険にさらされるに及び、覚悟を決めて反撃に出る。

 10代の童貞少年にとっては刺激の強過ぎる映画であり、ジョージが太もも、パンティー、おっぱいを見せる場面など、ほぼ正確に記憶していた。
 それ以上に強烈だったのは、ホフマンがジョージをレイプした男(デル・へニー)の頭上に狩猟用の罠を振り下ろし、首をガチャン!と挟んで殺してしまうシーン。

 ホフマンは自ら復讐の念に駆られて行動を起こすわけではなく、村の男たちに家を包囲されて殺されそうになったため、あくまでやむなく逆襲に転じたに過ぎない。
 だから目を剥いた怒りの形相を見せることもないし、1970年代の映画なので今時のような派手に鮮血が飛び散るスプラッターな場面もない。

 しかし、それでも、ラスト30分はいま見ても迫力たっぷりで、暴力の痛みと怖さが生々しく伝わってくる。
 ただ、そこに至るまでのホフマン&ジョージ夫婦の倦怠期ぶり、へニーら村の男たちに嫌がらせを受ける過程を描いたくだりは、いま見るとまったりし過ぎていていささか退屈だが。
 
 オススメ度A。


 
(1971年 アメリカ=ABCピクチャーズ 118分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A
Number959
夏の甲子園
100人のマウンド
池田高校・水野雄仁
定価590円