counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』D(NHK-BS)
2017年10月7日(土)


 第63回「沖縄返還〜祖国復帰 運命の1日〜」(初放送:2017年7月11日21時〜 60分)

 沖縄が日本に返還された1972年5月15日前後、何が起こっていたかをわかりやすく解説してくれる一篇。
 当時、ぼくは小学2年生だったが、沖縄返還がもたらした時代の空気感のようなものは何となく覚えている。

 沖縄出身の戦場カメラマン・石川文洋が撮影した返還当日の国際通りの雨の夜、豊見城市立上田小学校の学級会の様子などが大変興味深い。
 また、返還直前に固定相場制が変動相場制に変わり、このまま沖縄県民のドル預金が円に変換されたら大幅に目減りしそうな最中、県民の資産を確保しようと奔走する金融検査庁次長・與座章健、琉球政府行政副主席・宮里松正らの奮闘ぶりも印象に残った。

 この題材で1時間はあまりに短く、舞台裏にはもっともっと面白い話があったに違いないと思わせる。
 活字のノンフィクションにまとめようとしたら、相当大部の紙数を要する本になるだろう。

 オススメ度A。

 第64回「オイルショック! 列島が翻弄された71日」(初放送:2017年7月18日21時〜 60分)

 オイルショックによるトイレットペーパー買い占め騒ぎが起こった当時、ぼくは広島県立長束小学校の4年生で、校内の売店で大学ノートを買い占めに走った。
 そんなことをしたのはクラスでもぼくひとりぐらいで、同級生に奇異な目で見られた記憶がある。

 しかし、その買い占め騒ぎが起こったのが1973年10月31日で、大阪・千里ニュータウンの大丸ピーコックだったことは、当然のことながらまったく知らなかった。
 当時、トイレットペーパー売り場にいた店員・清水暉人の証言から掘り起こしてゆく、という試みは面白いことは面白い。

 ただ、このテーマだけで1時間はちょっと長過ぎたかな。
 あの騒ぎがどうして全国に拡大したのかについて、もう少し踏み込んだ考察がほしかった。

 オススメ度B。
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円