counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『マラソンマン』(WOWOW)
2017年10月4日(水)
Marathon Man


 1970年代はナチスの残党を題材にしたミステリ小説が流行り、フレデリック・フォーサイス原作の『オデッサ・ファイル』(1975年)、アイラ・レヴィン原作の『ブラジルから来た少年』(1978年)など、ヒットした映画化作品も多い。
 本作『マラソンマン』もその1本で、『明日に向かって撃て!』(1969年)、『大統領の陰謀』(1976年)でアカデミー脚本賞を受賞したウィリアム・ゴールドマンが自分の同名小説を自分で脚本化している。

 実質的な主役とも言える元ナチスの悪役は、かつてアウシュビッツのユダヤ人収容所に勤務し、ダイヤモンドと引き換えにユダヤ人を逃亡させていた悪徳医者クリスチャン・ゼル(ローレンス・オリヴィエ)。
 ゼルは戦後、ダイヤモンドをニューヨークの銀行の貸金庫に隠し、自分はウルグアイに亡命していたのだが、貸金庫の鍵を預かっていた兄クラウスが交通事故で死んでしまったため、頭髪を剃って変装し、秘かにアメリカに入国する。

 パリ在住の実業家ドク(ロイ・シャイダー)がそのゼルの動向をマークしており、彼はどうやらアメリカ政府(CIA?)の一員として密命を受けている人物らしい、ということが見ているうちにだんだんわかってくる。
 コロンビア大学の大学院に通う主人公ベーブ(ダスティン・ホフマン)はそのドクの弟で、スイス人女学生を装ったドイツ人エルザ(マルト・ケラー)、警察官を名乗る元ナチスのジーンウェイ(ウィリアム・ディベイン)らが接近、否応無しにゼルとドクの暗闘に巻き込まれてゆく。

 この映画を有名にしたのは、元ナチスのアジトに拉致されたベーブが、歯医者のゼルに歯の神経を刺激されるといういかにも痛そうな拷問を受ける場面。
 さらに、袖口に仕込んだ飛び出しナイフでユダヤ人の喉を切り裂いたり、シャイダーの腹をグサリとやったり、サーの称号を持つ名優オリヴィエが生涯唯一(?)の残忍さを発揮していることも話題になった。

 ただ、これはまったくの個人的想像だが、主演のホフマンと、ホフマンと『真夜中のカーボーイ』(1969年)で組んだ監督ジョン・シュレシンジャーの狙いは恐らく、ホフマンがブレークした『卒業』(1967年)へのオマージュだったのではないかと思う。
 劇場公開当時、映画の中盤、パジャマの下ばきだけで延々と走り続ける場面で、『卒業』のクライマックスを思い出したファンは少なくないはずだ。
 
 なお、オリヴィエは本作のあと、『ブラジルから来た少年』で実在したナチス親衛隊将校ヨーゼフ・メンゲレを追うユダヤ人エズラ・リーベルマンを演じている。
 しかし、明らかに楽しそうにやっているのは、こちらの元ナチスの歯医者ゼルのほうで、生前は「一番気に入っている役」と話していたそうだ。

 オススメ度B。



(1976年 アメリカ=パラマウント・ピクチャーズ/日本配給CIC 1977年 125分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

80『日曜日には鼠を殺せ』(1964年/米)B
79『トム・ホーン』(1980年/米)B
78『ギャンブラー』(1971年/米)A
77『サウスポー』(2015年/米)B
76『レスラー』(2008年/米)A
75『スーサイド・スクワッド』(2016年/米)C
74『エルム街の悪夢』(1984年/米)B
73『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年/東宝)C
72『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年/東宝)C
71『SCOOP!』(2016年/東宝)C
70『極道の妻たち』(1986年/東映)D
69『チャイナタウン』(1974年/米)A
68『シチズンフォー/スノーデンの暴露』(2014年/米、独)A
67『アイスブレイカー 超巨大氷山崩落』(2016年/露)C
66『ヴィジット』(2015年/米)C
65『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年/米)A
64『アントマン』(2015年/米)B
63『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年/米)B
62『インクレディブル・ハルク』(2008年/米)C
61『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年/米)B
60『大いなる決闘』(1976年/米)B
59『ワイルド・ギース』(1978年/英、瑞)A
58『鷲は舞いおりた』(1977年/アメリカ)C
57『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』(2007年/米)B
56『ブレードランナー/ファイナル・カット』(1982、2007年/米)A
55『ターザン:REBORN』(2016年/米)B
54『二ツ星の料理人』(2015年/米)B
53『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B
52『サイレント・ランニング』(1972年/米)B
51『アンドロン』(2015年/伊、英、馬)D
50『アウトバーン』(2016年/米、独)B
49『カラーパープル』(1985年/米)A
48『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年/米)A
47『超高層プロフェッショナル』(1979年/米)C
46『特攻大作戦』(1967年/米)B
45『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015年/米)B
44『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005年/米)D
43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円