counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『レスラー』(WOWOW)
2017年09月22日(金)
The Wrestler


 長らく表舞台から遠ざかっていたミッキー・ロークが、自らの役者人生と重なるロートルのプロレスラーを悲哀たっぷりに演じ、高く評価された作品。
 ロークはゴールデングローブ主演男優賞を受賞し、アカデミー主演男優賞にもノミネートされ、作品はヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得した。

 ローク演じる主人公ランディ・ザ・ジャム=Eロビンソンは1980年代にカリスマ的な人気を誇ったレスラーで、もはやプロレスだけでは生活できなくなった現在も、地方の弱小団体のリングに上がり続けている。
 ビジュアルが1980年代に人気を博したボディビルダー系のハルク・ホーガン、ランディ・サベージ、ジェシー・ベンチュラ(ただし、彼らはみんな70年代に活躍したスーパースター<rリー・グラハムのエピゴーネン)、キャラクターが同時代にカリスマ的人気を誇ったジェイク・ザ・スネーク=Eロバーツがモデルであることは、プロレスファンなら容易に察しがつくだろう。

 試合終了後に雀の涙ほどのギャラをもらい、トレーラーハウスに帰ってきたら家賃を滞納していたためにドアに鍵がかけられ、大家の住居に押しかけてドアをノックにしても梨の礫。
 仕方なく車の中で寝ていたら、朝になって近所の子供たちが群がり、プロレスごっこをしてくれとせがまれる、という出だしからして引き込まれる。

 ランディが出場しているのはCZW、ROHなど、これもアメリカで実在するデスマッチ専門のインディー団体。
 脚立の上から有刺鉄線やガラスの破片の上にボディプレスをしたり、ガンタッカーという工具でホチキスの歯を身体に打ち込みあったり、本職のレスラーたちが演じる流血ファイトは思わず目を背けたくなるほど。

 試合前の打ち合わせの模様はもちろん、尻にステロイドを注射してウエートトレーニングをする様子も詳しく描かれており、アメリカン・プロレスの内幕を描いたモキュメンタリー(創作をミックスしたドキュメンタリー)とも言える。
 とりわけ悲しくなるのは、田舎町の学校の体育館と思しき場所を借りてサイン会を開いたところ、ファンが誰も来なくて暇を持て余している無名でトシをとったレスラーたちの姿。

 ステロイドの濫用で心臓発作を起こし、レスラーから足を洗うよう医者に勧められたランディは、ツテを頼ってスーパーマーケットの惣菜コーナーでレジに立つようになる。
 が、自分のことを知っている客にからかわれてカッとなり、トラブルを起こしてプロレス稼業に逆戻り。

 寄りを戻したひとり娘ステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)にも愛想を尽かされ、子持ちのストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)との付き合いも破綻。
 最後は死を覚悟してリングに上がる、というクライマックスは定石通りながら、しんみりと感動しないではいられない。

 エンドクレジットにかぶさるスプリングスティーンの主題歌がまた素晴らしい。
 オススメ度A。

(2008年 アメリカ=フォックス・サーチライト・ピクチャーズ/日本配給2009年 日活 115分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

75『スーサイド・スクワッド』(2016年/米)C
74『エルム街の悪夢』(1984年/米)B
73『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年/東宝)C
72『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年/東宝)C
71『SCOOP!』(2016年/東宝)C
70『極道の妻たち』(1986年/東映)D
69『チャイナタウン』(1974年/米)A
68『シチズンフォー/スノーデンの暴露』(2014年/米、独)A
67『アイスブレイカー 超巨大氷山崩落』(2016年/露)C
66『ヴィジット』(2015年/米)C
65『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年/米)A
64『アントマン』(2015年/米)B
63『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年/米)B
62『インクレディブル・ハルク』(2008年/米)C
61『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年/米)B
60『大いなる決闘』(1976年/米)B
59『ワイルド・ギース』(1978年/英、瑞)A
58『鷲は舞いおりた』(1977年/アメリカ)C
57『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』(2007年/米)B
56『ブレードランナー/ファイナル・カット』(1982、2007年/米)A
55『ターザン:REBORN』(2016年/米)B
54『二ツ星の料理人』(2015年/米)B
53『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B
52『サイレント・ランニング』(1972年/米)B
51『アンドロン』(2015年/伊、英、馬)D
50『アウトバーン』(2016年/米、独)B
49『カラーパープル』(1985年/米)A
48『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年/米)A
47『超高層プロフェッショナル』(1979年/米)C
46『特攻大作戦』(1967年/米)B
45『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015年/米)B
44『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005年/米)D
43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A