counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『二ツ星の料理人』(WOWOW)
2017年07月13日(木)
Burnt


 前項『炎の人ゴッホ』(1956年)でカーク・ダグラスが扮した画家が昔のキチガイなら、本作でブラッドリー・クーパーが演じたフレンチのシェフは今時のキチガイである。
 ゴッホは統合失調症だったと言われているが、本作の主人公アダム・ジョーンズは元麻薬中毒患者という設定で、強迫神経症の一種と見ていい。

 一時はパリで名前を売りながら、クスリ、暴力沙汰、派手な女性関係、ヤクザからの借金など、様々なトラブルを起こして第一線から退いていた料理人アダムがロンドンに帰ってくる。
 演じるクーパーは『リミットレス』(2011年)、『世界にひとつのプレイブック』(2012年)、『アメリカン・スナイパー』(2014年)を彷彿とさせる熱演で、こういう心を病んだ現代人をやるとまことにうまい。

 アダムはロンドンでミシュランの三ツ星を獲得するべく、昔馴染みのレストラン経営者トニー(ダニエル・ブリュール)にもう一度自分を雇ってくれるよう頼み込む。
 アダムの悪評をよく知っているトニーが、渋々ながらも最終的に承諾したのは、実はゲイでアダムにぞっこんだったから、という裏側がわかる過程が面白い。

 麻薬も女も断ったアダムは、オープニング・パーティーで指示通りの作業ができないスタッフに怒りを爆発させる。
 料理を盛り付けられた皿を次々に壁にたたきつけたり、恋人でもあるエレーヌ(シエナ・ミラー)の前にヒラメの切り身を突きつけて「ヒラメに謝れ!」と絶叫したり。

 さらに、店のイメージを回復させようと躍起になっている矢先、借金の返済を滞らせているフランスのヤクザが店まで取り立てにやってきて、ボコボコにされる羽目に。
 そこへミシュランの調査員が来店し、万全を期してメインディッシュを出したはずが、この土壇場で信頼していたスタッフのひとりから手痛い裏切りに遭う。

 最終的には収まるところに収まる感が強く、エンディングはいささか肩透かし。
 それでも、こんなふうに脛に傷持つ男がカッコ悪くもがく映画、おれは嫌いじゃないね。

 オススメ度B。

(2015年 アメリカ=ワインスタイン・カンパニー/日本配給KADOKAWA 2016年 101分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

53『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B
52『サイレント・ランニング』(1972年/米)B
51『アンドロン』(2015年/伊、英、馬)D
50『アウトバーン』(2016年/米、独)B
49『カラーパープル』(1985年/米)A
48『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年/米)A
47『超高層プロフェッショナル』(1979年/米)C
46『特攻大作戦』(1967年/米)B
45『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015年/米)B
44『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005年/米)D
43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円