counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(WOWOW)
2017年06月9日(金)
Sahara

 マニアックなファンの間では、あまりにアホらしい中身より、マシュー・マコノヒーとペネロペ・クルスが交際するきっかけになった映画として記憶されている。
 とはいえ、WOWOWが視聴者のリクエストに応える企画〈メガヒットレジェンド あなたの映画館〉で放送されるぐらいだから、もうちょっとは面白いと思ったんだけどねえ。

 原作は『レイズ・ザ・タイタニック』(1980年)の原作(邦題『タイタニックを引き揚げろ!』1976年)でお馴染み、クライブ・カッスラーの〈ダーク・ピット・シリーズ〉の同題小説。
 南北戦争で使用された甲鉄艦〈テキサス〉が大西洋を超え、サハラ砂漠のどこかに埋まっていると聞いたピット(マコノヒー)らNUMA(国立海中海洋機関)の一団が大々的な捜索に乗り出す、という出だしからしてバカバカしい。

 19世紀、アメリカの甲鉄艦がどうやってアフリカまで辿り着き、サハラ砂漠を遡っていったというのか。
 見ながら首をひねっていると、ピットたちがやってきたナイジェリアには謎の疫病が流行っており、その調査にやってきたのがWHO(世界保険機構)の女医エヴァ(クルス)。

 ピットが偶然エヴァの窮地を救い、このふたりが協力しあって甲鉄艦と疫病の謎を探ることになるのだが、あきれるほどの御都合主義に次ぐ御都合主義の連続で、いちいち指摘する気にもならない。
 あまりのヒドさにカッスラーは「原作を台無しにされた」として製作者側を提訴、製作者側も「映画化にちゃんと協力しなかったほうが悪い」と反訴し、とんだ泥仕合いに発展したと伝えられる。

 そんな騒ぎを尻目に、マコノヒーとクルスはキャンペーンのため、ロマンス真っ只中のカップルとして来日。
 熱〜いイチャイチャぶりをファンとマスコミに見せつけましたとさ、チャンチャン♪

 オススメ度D。

(2005年 アメリカ=パラマウント・ピクチャーズ 124分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A