counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『エミリー 悪夢のベビーシッター』(WOWOW)
2017年06月8日(木)
Emelie


 日本劇場未公開、ビデオソフト発売前の作品を放送するWOWOWの企画〈ジャパンプレミア〉で放送された1本。
 このシリーズ、いまに埋もれた傑作が見られるのではないかと思い、主にこの作品のようなスリラーをチェックしているのだが、いまだに面白い映画にぶつかったことがない。

 タイトルロールのベビーシッターを演じているのは、テレビドラマ『ワンス・アポン・タイム』(2012年〜)のオーロラ姫役でブレークしたサラ・ボルジャー。
 ぼくはそのドラマを見ていないが、近年、様々な映画賞にノミネートされており、世界的に評価を高めているらしい。

 そのボルジャー演じるベビーシッターがやってきて、11歳の長男、9歳の長女、4歳の次男の面倒を見ることになる。
 一見、優しくておとなしそうな彼女が徐々に恐ろしい正体を現して…という本筋でどのような見せ方をするか、と期待しながら見ていたら、突然トイレの便座に腰かけたまま、長男を呼びつける。

「始まっちゃったの。お母さんのタンポンない?」
 …は?

 ボルジャーは続いて、9歳の長女、4歳の次男をリビングに連れて行き、ビデオを見せる。
 これがパパとママの寝室で撮られたもので、次第に大きな喘ぎ声が聞こえてくる場面を呆然と見ているうち、長女はたまりかねて泣き始める。

「ハアハア、ギシギシ、ペッタンペッタン」
 …はああ?

 やがて、このベビーシッターの正体が、子供を失い、精神を病んでいるサイコパスであることがに明らかになるのだが、そこに辿り着くまでの陰湿な下ネタが不快極まりない。
 恐怖の盛り上げ方は一応水準に達しているので、多少は面白いと思う向きもあるだろうが。

 R指定されていないので、万が一お子さんと見る機会があったら注意してください。
 オススメ度C。

(2015年 アメリカ/日本劇場未公開 WOWOW初放送2017年5月11日 83分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円