counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『三匹の侍』(WOWOW)
2017年04月21日(金)


 のちに巨匠となるフジテレビ出身の映画監督・五社英雄の出世作、テレビ時代劇『三匹の侍』の劇場映画版。
 テレビでの初放映時には、刀で人を斬る殺陣の効果音が評判を呼び、最高視聴率42%を記録、全6シリーズが製作された。

 当時、この効果音の衝撃は相当なものだったようで、「おれも見たくて見たくてしょうがなかったんだけど、兄貴たちが見せてくれなかった」と、萩原健一さんに聞いた。
 おれ自身も幼いころにテレビで再放送を見たことがあるはずだが、はっきりした記憶はない。

 で、WOWOWで放送されたから興味津々で見たところ、それほど面白い映画ではありませんでした。
 この時代ならではの熱気は十分感じられるし、丹波哲郎、長門勇、平幹二朗をはじめ往年の名優たちの演技にもそれなりの見応えはあるものの、如何せん脚本があまりにもデタラメ。

 デタラメならデタラメなりに突き抜けてくれればいいんだけれど、五社の脚本と演出は妙なところで真面目で、娯楽時代劇ならではのカタルシスを味わわせてくれるところまでいかない。
 何より、同情の余地のない悪代官を、丹波が斬らずに済ませるエンディングは噴飯もの。

 オススメ度C。

(1964年 松竹 94分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円