counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『サウスポー』(WOWOW)
2017年09月25日(月)
Southpaw

 監督のアントワーン・フークワと言えば、『トレーニング デイ』(2001年)、『クロッシング』(2010年)など、現代のフィルム・ノワールで見せた独特の切れ味とバッド・テイストが印象深い。
 パニック・サスペンスの『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013年)でも2時間きっちり楽しませてくれた娯楽の職人でもある。

 そのフークワが、愛する妻の死によって自暴自棄になり、一度は人生のどん底にまで落ちたプロボクサーが、ふたたび這い上がる姿を描いた。
 破滅の道を辿る4団体統一世界ライトヘビー級王者ビリー・“ザ・グレート”・ホープのモデルは恐らくマイク・タイソンやリディック・ボウで、異能の性格俳優ジェイク・ギレンホールが演じている。
 
 44戦43勝1敗の戦歴を誇るビリーは、タイトルを防衛した直後、自分と妻モーリーン(レイチェル・マクアダムス)が育った施設のための寄付を募るパーティーに出席。
 ここでタイトルマッチを迫るミゲル・“マジック”・エスコバル(ミゲル・ゴメス)に挑発されたビリーがミゲルに殴りかかり、乱闘騒ぎの最中、ミゲル側の何者かが撃った拳銃の銃弾によってモーリーンが死んでしまう。

 失意の日々を過ごすビリーに対し、代理人契約を結んでいるプロモーター、ジョーダン・メインズ (カーティス・“50セント”・ジャクソン)は2カ月後に防衛戦を行うよう説得する。
 ビリーの浪費癖によって貯金は底を突いており、このままでは家も車も差し押さえられるのは時間の問題だ、とジョーダンは言うのだが、おまえがおれのファイトマネーを横領しているからだろう、とビリーは激怒。

 それでも背に腹は代えられず、タイトルマッチに臨んだら案の定、惨敗に終わって4本のベルトを失ってしまった。
 傷心のビリーは麻薬に走り、ミゲルを殺そうと拳銃を持ってつけ狙ったあげく、自宅前で車を暴走させ庭木に激突。

 警察に逮捕され、自殺未遂かとマスコミ騒がれ、家も財産も競売にかけられ、ひとり娘レイラ(ウーナ・ローレンス)も裁判所命令によって子供のころのビリーと同じように施設で預かられることに。
 すべてを失ったビリーは、かつて自分に一つだけ黒星をつけたボクサーのトレーナー、ティック・ウィルズ (フォレスト・ウィテカー)のジムを訪ね、再起させてほしいと懇願する。

 ここまでの転落の軌跡はさすがノワールの職人フークワと言ってよく、ハリウッド製メロドラマ的な甘さを排した厳しいタッチが素晴らしい。
 ジョーダンを演じるジャクソンは本職のプロモーターで、ミゲル側の脇役に元WBCウエルター級王者ヴィクター・オルティスを起用したキャスティングもリアリティを高めている。

 しかし、ビリーがミゲルとのリベンジ・マッチに臨む後半はいささか劇画的に過ぎる、というのが率直な印象。
 ビリーのノーガード戦法、その戦法ゆえに片方の目を打たれ続けるスタイルは明らかに辰吉丈一郎を参考にしており、クライマックスの両手ぶらりからカウンターのアッパーカット、という展開は『あしたのジョー』の力石徹戦からパクっているとしか思えない。

 勝ちゃいいってもんじゃないだろう、面白いことは面白かったけどさ。
 オススメ度B。

(2015年 アメリカ=ワインスタイン・カンパニー/日本配給2016年 ポニーキャニオン 123分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2017リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

76『レスラー』(2008年/米)A
75『スーサイド・スクワッド』(2016年/米)C
74『エルム街の悪夢』(1984年/米)B
73『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年/東宝)C
72『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年/東宝)C
71『SCOOP!』(2016年/東宝)C
70『極道の妻たち』(1986年/東映)D
69『チャイナタウン』(1974年/米)A
68『シチズンフォー/スノーデンの暴露』(2014年/米、独)A
67『アイスブレイカー 超巨大氷山崩落』(2016年/露)C
66『ヴィジット』(2015年/米)C
65『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年/米)A
64『アントマン』(2015年/米)B
63『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年/米)B
62『インクレディブル・ハルク』(2008年/米)C
61『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年/米)B
60『大いなる決闘』(1976年/米)B
59『ワイルド・ギース』(1978年/英、瑞)A
58『鷲は舞いおりた』(1977年/アメリカ)C
57『デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー』(2007年/米)B
56『ブレードランナー/ファイナル・カット』(1982、2007年/米)A
55『ターザン:REBORN』(2016年/米)B
54『二ツ星の料理人』(2015年/米)B
53『炎の人ゴッホ』(1956年/米)B
52『サイレント・ランニング』(1972年/米)B
51『アンドロン』(2015年/伊、英、馬)D
50『アウトバーン』(2016年/米、独)B
49『カラーパープル』(1985年/米)A
48『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年/米)A
47『超高層プロフェッショナル』(1979年/米)C
46『特攻大作戦』(1967年/米)B
45『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(2015年/米)B
44『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(2005年/米)D
43『エミリー 悪夢のベビーシッター』(2015年/米)C
42『チリ33人 希望の軌跡』(2015年/智、哥)B
41『人生は小説よりも奇なり』(2014年/米)C
40『ファミリー・プロット』(1976年/米)A
39『グッド・ネイバー』(2016年/米)C
38『エージェント・ウルトラ』(2015年/米)B
37『デッドプール』(2016年/米)B
36『ちはやふる−下の句−』(2016年/東宝)B
35『ちはやふる−上の句−』(2016年/東宝)B
34『クリーピー 偽りの殺人』(2016年/松竹、アスミックエース)D
33『ザ・コントロール』(2016年/米)D
32『ダイヤルM』(1998年/米)B
31『ランス・アームストロング/ツール・ド・フランス7冠の真実』(2013年/米)A
30『ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事』(2014年/米)C
29『ヘイトフル・エイト』(2015年/米)C
28『マギー』(2015年/米)B
27『三匹の侍』(1964年/松竹)C
26『女ガンマン 皆殺しのメロディ』(1971年/英)B
25『さらば愛しき女よ』(1975年/米)B
24『バーディ』(1984年/米)B
23『父 パードレ・パドローネ』(1977年/伊)B
22『カンバセーション…盗聴…』(1974年/米)B
21『マン・オン・ワイヤー』(2008年/英、米)B
20『ザ・ブリザード』(2016年/米)C
19『クール・ランニング』(1993年/米)B
18『完全なるチェックメイト』(2015年/米)B
17『ルーム』(2015年/加、愛)B
16『イット・フォローズ』(2015年/米)C
15『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年/米)C
14『ザ・コア』(2003年/米)D
13『怪談』(1965年/東宝)B
12『切腹』(1962年/松竹)A
11『「ベガルタ」〜サッカー、震災、そして希望〜』(2016年/英)A
10『ユーズド・カー』(1980年/米)B
9『突破口!』(1973年/米)A
8『目撃』(1997年/米)B
7『ブラック・スキャンダル』(2015年/米)B
6『シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄』(2015年/米)C
5『ゾンビシャーク 感染鮫』(2015年/米)C
4『ロボシャークvs.ネイビーシールズ』(2015年/米)B
3『シェルター』(2010年/米)C
2『僕だけがいない街』(2016年/ワーナー・ブラザース)C
1『誰も知らない』(2004年/シネカノン)A
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円