counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
『女囚さそり 701号怨み節』(TOEIch)
2018年08月20日(月)

 一世を風靡し、タランティーノによって世界的カルト≠ニ化した『さそり』シリーズ最終作。
 監督は伊藤俊也から長谷部安春に交代し、背景に公安警察と元学生運動家の対立が描き込まれ、前3作に比べて社会派的味付けが目立つ内容になっている。

 前作では刑期を満了して出所したはずのさそり(梶芽衣子)が、本作では何故かまた逃亡中の身に逆戻り。
 さそりを追っているのは公安警察の細川俊之、追われる彼女を匿うのは元学生運動家の田村正和と、前3作とは打って変わった二枚目をそろえた配役も大きな特徴だ。

 田村は学生時代、警察の取調中にリンチを受け、細川に性器に熱湯をかけられて不能になった、という過去がある。
 さそりを匿った田村は細川への復讐のため、さそりとともに細川の自宅マンションに押しかけ、身重の妻・金井由美を人質にしようとするが、パニック状態に陥った金井はベランダから転落死。

 復讐の鬼と化した細川は田村を捕まえると、田村の母・初井琴絵を連れてきて、さそりの居場所を自白するよう迫る。
 おかげで、田村が学生時代から使っていたアジトに身を潜めていたさそりはあえなく逮捕。

 このとき、さそりと田村が内なる声≠フナレーションで、「私を裏切ったわね」「許してくれ、仕方がなかったんだ」と会話を交わす。
 これも、一貫して無口を押し通していた前3作とは趣向を変えたマイナーチェンジ。

 こうしてさそりは関東女子刑務所(という看板がかかっている)に収容され、恨み骨髄の細川にリンチを受ける。
 刑務所長をはじめ、主な看守も女ばかりで、ベレー帽にナチスの軍服みたいな制服を着て鞭を振るっている、という現実離れした劇画チックな描写が楽しい(衣裳代も安くはなかったでしょうね)。

 しかし、いくら45年前のファンタジーみたいな映画とはいえ、この刑務所の中に野ざらしの絞首刑場がある、というあまりに現実離れした設定にはさすがに苦笑せざるを得なかった(実際の絞首刑場は拘置所の内部にある)。
 ここでさそりが処刑される直前、細川の運転する車のトランクに隠れて脱獄。

 それを察知していながらあえてさそりを逃がした細川が、自分でつくった絞首刑場でさそりを吊るそうとして失敗。
 逆に自分が吊るされる羽目になる、というクライマックスの演出がいささか迫力不足だったのは残念でした。
 
 オススメ度B。

(1973年 東映 87分)

 ブルーレイ&DVDレンタルお勧め度2018リスト
 ※A=ぜひ!(^o^) B=よかったら(^^; C=ヒマなら(-_-) D=やめとけ(>_<)

97『女囚さそり けもの部屋』(1973年/東映)B
96『女囚さそり 第41雑居房』(1972年/東映)B
95『女囚701号 さそり』(1972年/東映)A
94『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』(1961年/東映)C
93『三度目の殺人』(2017年/東宝)C
92『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』(2011年/米)B
91『エイリアン:コヴェナント』(2017年/米)B
90『プロメテウス』(2012年/米)B
89『アンドロメダ… 』(1971年/米)A
88『亡霊怪猫屋敷』(1958年/新東宝)B
87『怪談かさねが渕 』(1957年/新東宝)B
86『一寸法師』(1955年/新東宝)C
85『黒蜥蜴』(1962年/大映)B
84『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』(1976年/日活)D
83『狼やくざ 葬いは俺が出す』(1972年/東映)B
82『博徒七人』(1966年/東映)A
81『泥棒成金』(1955年/米)A
80『スペース カウボーイ』(2000年/米)C
79『ソイレント・グリーン』(1973年/米)B
78『狼は天使の匂い』(1972年/仏)B
77『さらば友よ』(1968年/仏、伊)B
76『傷だらけの栄光』(1956年/米)A
75『ハンズ・オブ・ストーン』(2016年/米、巴)B
74『ダンケルク』(2017年/英、米、仏、蘭)B
73『墨攻』(2006年/中、日、香、韓) A
72『関ヶ原』(2017年/東宝)
71『後妻業の女』(2016年/東宝)B
70『ショートウェーブ』(2016年/米)D
69『Uターン』(1997年/米)B
68『ミラーズ・クロッシング』(1990年/米)C
67『シザーハンズ』(1990年/米)A
66『グーニーズ』(1985年/米)B
65『ワンダーウーマン』(2017年/米)B
64『ハクソー・リッジ』(2016年/米)A
63『リリーのすべて』(2016年/米)A
62『永い言い訳』(2016年/アスミック・エース)A
61『強盗放火殺人囚』(1975年/東映)C
60『暴動島根刑務所』(1975年/東映)B
59『脱獄広島殺人囚』(1974年/東映)A
58『893愚連隊』(1966年/東映)B
57『妖術武芸帳』(1969年/TBS、東映)B
56『猿の惑星』(1968年/米)A
55『アンドロメダ・ストレイン』(2008年/米)C
54『ヘイル、シーザー!』(2016年/米)B
53『パトリオット・デイ』(2016年/米)A
52『北陸代理戦争』(1977年/東映)A
51『博奕打ち外伝』(1972年/東映)B
50『玄海遊侠伝 破れかぶれ』(1970年/大映)B
49『暴力金脈』(1975年/東映)B
48『資金源強奪』(1975年/東映)B
47『ドライヴ』(2011年/米)C
46『バーニング・オーシャン』(2016年/米)A
45『追憶の森』(2015年/米)B
44『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年/ワーナー・ブラザース)B
43『パットン大戦車軍団』(1970年/米)B
42『レッズ』(1981年/米)B
41『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016年/米)B
40『エクス・マキナ』(2015年/米)B
39『オール・アバウト・マイ・マザー』(1999年/西)B
38『ムーンライト』(2016年/米)B
37『アメリカン・バーニング』(2017年/米)B
36『セル』(2017年/米)C
35『トンネル 闇に鎖された男』(2017年/韓)B
34『弁護人』(2013年/韓国)A
33『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年/クロックワークス)A
32『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(2017年/東宝)B
31『南極料理人』(2009年/東京テアトル)B
30『沈黙 -サイレンス-』(2016年/米)B
29『メッセージ』(2016年/米)B
28『LOGAN/ローガン』(2017年/米)C
27『チャック〜“ロッキー”になった男〜』(2017年/アメリカ)B
26『ヒッチコック/トリュフォー』(2015年/米、仏)B
25『沖縄やくざ戦争』(1976年/東映)B
24『恐喝こそわが人生』(1968年/松竹)B
23『われに撃つ用意あり』(1990年/松竹)C
22『T2 トレインスポッティング』(2017年/英)A
21『ロスト・エモーション』(2016年/米)C
20『激流』(1994年/米)C
19『チザム』(1970年/米)B
18『駅馬車』(1939年/米)A
17『明日に処刑を…』(1972年/米)A
16『グラン・ブルー[オリジナル・バージョン]』(1988年/仏、伊)B
15『エルストリー1976- 新たなる希望が生まれた街 -』(2015年/英)D
14『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/西)B
13『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/独)B
12『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年/米)B
11『わらの犬』(1971年/米)A
10『O嬢の物語』(1975年/仏、加、独)C
9『ネオン・デーモン』(2016年/仏、丁、米)D
8『団地』(2016年/キノフィルムズ)B
7『スティーブ・ジョブズ』(2015年/米)B
6『スノーデン』(2016年/米)A
5『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年/米)B
4『ドクター・ストレンジ』(2016年/米)B
3『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』(1967年/台、香)B
2『新宿インシデント』(2009年/香、日)B
1『日の名残り』(1993年/英、米)A
Number959
夏の甲子園
100人のマウンド
池田高校・水野雄仁
定価590円