counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
日本シリーズのホテル代とチケット代
2018年10月30日(火)


 日本シリーズの取材、同業者の中には「面倒臭いから早く終わってほしい」という人も少なくないが、ぼくは結構好きなほうだ。
 1988年の西武-中日に始まり、89年の巨人-近鉄、90年の西武-巨人、91年の西武-広島と、若いころに取材したシリーズは結果も内容も割と記憶に残っている。

 最近では、2013年の楽天-巨人、16年の日本ハム-広島、17年のソフトバンク-DeNAと、負けたほうが善戦したシリーズが印象深い。
 だから毎年、1試合でも多く取材したい、と思っているけれど、ここ数年、困っていることがひとつある。

 週末のホテル代が高い。
 とくに今回は土日の第1、2、6、7戦が広島の本拠地マツダスタジアムで行われるため、平日5000円台の部屋が土曜価格で2〜3万円台にまで暴騰している。

 そこまで値上がりする前にと思い、6月に定宿のホテルを予約したところ、それでも平日8000円台の部屋が土曜は1万1000円。
 ところが、福岡へ来てみたら、天神のど真ん中にあるホテルが1泊6800円。

 3泊しても2万400円だから、土曜の広島よりも安いって、やっぱり何かおかしくないか、と思うのはオレだけか。
 と思っていたら、ソフトバンク関係者の知人にこんな話を聞いた。

 今年のシリーズは人気カードのカープ戦だけに、選手、コーチも友人知人に頼まれるチケットの枚数が多いという。
 昨年もカープが優勝したから、シリーズ前にチケットを確保しようと血眼になるチーム関係者が続出し、ぼくの知人も必死にチケットをかき集めたそうだ。

 ところが、CSでカープが敗れ、シリーズがDeNA戦になったため、チケットを頼んでいた人たちに「それなら行かない」と一斉に断られてしまった。
 では、選手やコーチも「チケットは必要なくなりましたから」と球団に言えばいいかというと、そうはいかない。

 こういう身内や関係者用のチケットも今時はPCで管理されており、販売用のウェブでポチッとやったら、もう払い戻しはしてもらえないのだという。
 だからといって、引き取り手のなくなったチケットを、当事者がヤフオクやメルカリなどで転売するわけにはもちろんいかない。

 というわけで、ぼくの知人はウン十枚のチケットを集め、ウン万円の赤字になったそうである。
 以上のような事情もあり、私は知人友人からチケットの手配をお願いされても、いつも丁重にお断りしております。

 しかし、きょうの試合は見応えがあった。
 身びいきと思われるだろうが、1点差まで追い上げたカープは、明らかに昨年までとは違うことを実感させてくれました。

Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円