counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
甲子園は意外にそれほど暑くない
2018年08月10日(金)


 久しぶりに慌ただしい朝だった(画像は行きのハイヤーの車窓から撮った我が母校)。
 いつものように午前8時からTBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!』に生出演、これも久々にカープネタを二つもしゃべったあと、ダッシュでハイヤーに乗り込み、そそくさと東京駅へ。

 きょうから週末でお盆休みとあり、新幹線は午前中の便は数日前からすべて満席状態。
 そうした中、ダメ元で水道橋駅のみどりの窓口へ行った一昨日、たまたまキャンセルが出て取れたのが午前8時53分発の新大阪行きのぞみ311号だったのです。
 
 11時半に新大阪駅に到着すると、まず梅田のホテルに寄って荷物を預け、さっそく甲子園へ。
 ちょうど第2試合の日大三−折尾愛真の一回が終了したところで、豪打の日大三がいきなり7点も取っている。

 試合中、一塁側アルプススタンドへ足を運び、知り合いの保護者で、日ごろお世話になっている某プロ野球OB評論家の方にご挨拶。
 大急ぎできたんだけれど、この某評論家に「遅刻じゃないですか!」と言われたらスミマセンと言うしかない。

 おれ、30年前にこのお父さんが投げていた試合もここで見てたんだよなあ。
 過ぎ去った月日の長さの感じ方にはいろいろなパターンがありますが、「かつて自分が見ていた高校球児が父親になり、自分の息子を応援しているアルプスで感想を聞く」というのは、ほかに類例がないでしょうね。

 16点取って大勝した日大三の次の試合は15日の予定。
 某評論家に「来るんでしょうね!」と念を押されたら、そりゃ「当然です」と答えるしかないわな、やっぱり。

 いや、別にイヤなわけじゃありませんよ。
 今年の甲子園、意外に暑さはそれほどでもなく、ネット裏の席では浜風が涼しく感じられるし(これは本当です)。