counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
さらば寝不足の日々
2018年07月3日(火)


 昨夜午前3時からのサッカーW杯決勝トーナメント1回戦、ベルギー−日本戦はきょうの朝、録画でチェックしました。
 無理すれば起きていられないこともなかったんですが、自分なりに仕事のスケジューリングをした上での判断。

 昨夜はまず、午後11時からのブラジル−メキシコ戦のテレビ中継をチェック。
 準々決勝では、この試合の勝者がベルギー−日本戦の勝者と対戦することになっており、その試合は今週金曜夜の午前3時に行われる。

 だから、昨夜の決勝T1回戦で日本が勝った場合、金曜の朝、TBSラジオ『森本毅郎スタンバイ!日本全国8時です』で準々決勝の予想をしなければならない。
 日本が初のベスト8進出を果たし、さらにW杯初のブラジル戦が実現すれば、それだけでも歴史的事件≠ニなるわけで、あらかじめ仕込んでおくべき情報がドッと増える。

 でも、その一方で、きょうから始まる東京ドームでの巨人6連戦もしっかり現場で取材しなきゃいけないんですよ。
 対戦相手は火水木がDeNA、その次の金土日が広島で、各カード2試合以上はしっかり見ておく必要がある。

 というわけで、きょうの6連戦初戦の前日はしっかり睡眠をとっておきたかった。
 その睡眠時間を確保するため、昨夜はブラジル−メキシコ戦を観戦し、ブラジルの勝利を確認したら、午前1時過ぎにいそいそとベッドへ潜り込んだ次第。

 今朝は9時前に起き、いつものように散歩したあと、朝食を食べながら日本−ベルギー戦の録画をチェック。
 結果がわかってからではつまらないので、テレビやネットの情報は一切シャットアウトしたまま、映像を早送りしたりもせず、じっくり観戦≠オました。

 われながらアホだなあ、と思ったのは、後半開始早々に日本が2点をリードしたとき、あっ、日本が勝ったんだ! と早合点し、頭の中でブラジル戦を想定した仕事のシミュレーションを始めていたこと。
 その最中、ベルギーが同点に追いつき、アディショナル・タイムに逆転の3点目を取って、あ〜あ。

 睡眠十分で午後2時ごろに訪ねた東京ドームでは、DeNAが一時4−2とリードしながら4−6で逆転負け。
 ベイスターズのユニフォームの色が、西野ジャパンの侍ブルーにダブって見えました。

 正直、W杯で日本が勝ち進んでいる間は辛かった。
 先週は木曜深夜0時からの予選リーグ・ポーランド戦がややこしい展開になり、2〜3時間程度の仮眠しかとれずに金曜朝8時からの『全8』に出演。

 その後、いったん帰宅してプロ野球のDeNA−広島戦の取材でハマスタへ。
 こういうときに限って、取材が込み入った話になったり、打ち合わせが長引いたり、サッカーに関してあれやこれやと話しかけてくる人がいたりする。

 まあ、でも、今週からはやっと野球に集中できそうです。
 さらば、名残惜しき寝不足の日々。