counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
メットライフドームで眠かった
2018年06月13日(水)


 年に何度かあることなのだが、先週末から寝不足気味の日々が続いている。
 きのうもサイクリングで身体を疲れさせ、旧知の先輩記者と杯を傾け、これなら爆睡できるだろうと思ったら、6時間ちょっとで眼が覚めてしまった。

 それだけ寝ていれば十分だろう、と思われるかもしれないけれど、あと1時間は眠らないと頭がボーッとしちゃうんですよ、私の場合。
 で、ボーッとしたまま、午後からメットライフドームへ。

 第1の目的は交流戦勝率1位にマジック4としているヤクルトの取材。
 今回も石井琢打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチに、大変ためになる話をじっくり伺いました(画像)。

 第2の目的は、今夜の西武の先発投手・今井のピッチングを見ること。
 今井は2016年夏の甲子園で優勝投手となった作新学院のエースで、その年のドラフト1位で西武に入団したスター候補生である。

 しかし、まだ19歳だった今年のキャンプ中、所沢市内の公共の場所で喫煙していたことが、ファンの通報によって発覚。
 球団から謹慎と対外試合出場禁止などの処分を受け、練習でもユニフォームを着用できないという大変厳しいペナルティーを科された。

 5月から二軍の公式戦に復帰し、4試合に登板して2勝1敗、防御率2・50。
 この日はプロ初登板にして6回112球で4安打1失点(自責0)と、堂々たるピッチングを披露しました。

 西武の投手が初登板初先発で初勝利を挙げたのは1999年の松坂(現中日)以来、実に19年ぶり。
 試合後には、観戦に来ていた両親に今井がウイニングボールを手渡すスリーショット会見≠熏sわれた。

 こういうセレモニーも、処分を受けた期間があったからこそ、かえってより感動的になったようにも思えますね。
 初勝利、おめでとう!

 さあ、帰って寝よう。
 眠いネムイねむい( ^.^)( -.-)( _ _)