counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
広島は狭い、酒と肴が旨い
2018年05月14日(月)


 今回の広島出張、仕事を別にすると、最大の収穫は何と言っても新しい和食のお店を紹介してもらったこと(お店の許可を得てないので、とくに名は秘す)。
 安古市(やすふるいち)高校時代の同級生、現税理士のKくんに感謝、感謝です。

 このお店の大将は同じ高校の後輩で、東スポ連載中『赤ペン!!』の愛読者。
 さらに女将さんはぼくにとって、祇園中学の後輩に当たる、という思わぬご縁(というか何というか)がありました。

 しかも、こちらにお邪魔した土曜の夜は、たまたまカウンターの隣にいたお客さんがTBSラジオ(広島ではRCC)『日本全国8時です』のリスナー。
 いい気になってオフレコ話をしゃべっていたら、「どこかで聞いた声だと思ったんですよ」と言われて冷や汗をかいた。

 広島は酒と肴が旨い。
 それ以上に、世間は狭いなあ、と実感しました。

 それでは、こちらで味わったお酒と料理の一部を順番通りにアップしておきます。
 コースで出された魚料理の数々、素材の良さもさりながら、大変細やかで丁寧な作り方が印象に残りました。
 












 みんな美味しかった!
 間違いを書いちゃうと恥ずかしいので、下手な解説はやめておきます。



 ゆうべは試合が中止になったあと、竹原の実家で1泊。
 ここで食べたおふくろの手料理も絶品でした。

 というわけで、エネルギー充填120%で東京へ帰ります。
 それではまた。