counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
マツダスタジアムの怪談
2018年05月12日(土)


 マツダスタジアムできのうの試合中、2階スタンドから観客が転落したらしい、という情報が流れた。
 石原が通算1000安打を達成した三回ごろで、落下した人、下敷きになった人など複数のケガ人が出たというから穏やかではない。

 この情報がSNSで瞬く間に拡散。
 通報を受けた消防署から消防車や救急車が球場の関係者入り口に駆けつけ、その画像までネット上にアップされる騒ぎとなった。

 しかし、これはまったくのガセネタだった。
 球団関係者によると、「階段で転倒したお客さんがいて、その情報にどういうわけかとんでもない尾ひれが付けられて拡散したようです」というのが真相だそうである。

 まあ、転落、下敷きほどの大事故なら、スタンドが大騒ぎになり、試合が中断していたはずだからね。
 これもここ数年のカープの異常人気が引き起こした怪談≠ニいうことか。

 きょうは日刊ゲンダイの記者時代、大変お世話になったスポーツ紙の大ベテラン記者と久しぶりに雑談。
 その昔は旧広島市民球場の主みたいな人だったけど、マツダスタジアムに顔を出したのは「今年初めて」だそう。

 「お元気ですか」
 「お元気に老いとるよ」

 共通の話題は今年亡くなった星野さん、衣笠さん。
 大先輩は彼らを「衣笠くん」、「仙ちゃん」と言う。

 そう言えば、この人が記者席の顔だった時代は、旧市民球場にスタンド崩落危機説≠ェ流れた。
 スタンドから人が転落するのではなく、球場が余りに老朽化しているため、スタンドそのものがいつ崩れ落ちるかわからない、というもの。

 当時に比べれば、球場ははるかに大きくなった。
 が、そこに流れる怪談のスケールは昔のほうがよっぽど大きかった、というお話しでした。

 チャンチャン♪