counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
巨人は強いのか、弱いのか
2018年05月8日(火)


 今シーズン初めて阪神の試合を取材に行ったら、またビジター用のユニフォームが変わっていた。
 以前ロッテにそっくりになったこともあったけれど、今回の黒と黄色の組み合わせは何となくソフトバンクを思わせる。

 試合前、そんな阪神ナインの打撃練習を見ながら、顔見知りのトラ番や遊軍記者としばし雑談。
 その最中、さるコワモテのベテラン記者にこう言われた。

「赤坂さん、大阪に来たらええやん。仕事ならあるやろ?」

「使ってくれるところがねーよ」(と、こういうときだけしっかり東京弁を使う)

「あるやないか、大スポが」

「そりゃ東スポと一緒だっつーの」

 そんなバカ話のあと、阪神が巨人に9−0で完封勝ち。
 阪神は巨人には5連敗中だったし、GW前半の広島戦もあわや3連敗するところだったから、今シーズンもピリッとしないなあ、と思っていたので、私としては少々意外でした。

 ただ、この試合、阪神が強かったというより、ハッキリ言って巨人がだらしなかった。
 先発の山口俊は四死球がらみで簡単に先制を許し、投手・秋山にまでスタンドに運ばれ、その秋山に最近低調な打線が手も足も出ず、五回までに勝負あった、だもんね。

 もっとも、巨人の首脳陣や関係者は、8連勝していたころからこの事態を予想していたようです。
 実際、広島遠征の直前、「向こうでは3連敗もあるだろうなあ。1勝2敗なら御の字」という声も聞いていたし。

 その後、菅野が先発したDeNA戦を引き分けたとき、まだ本当に強いチームにはなっていないな、と思った。
 菅野の力投は褒められていいけれど、終盤の勝負どころで二軍監督が激怒しそうなバント失敗はいただけない。

 一応、明日も伝統の一戦を取材する予定です。
 がんばれ、吉川光夫!