counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
公益社団法人・日本文藝家協会会員になりました
2018年05月6日(日)


 4月1日付で公益社団法人・日本文藝家協会に入会しました。
 ご推薦をいただいた三田誠広副理事長、村上政彦常務理事に感謝いたします。

 と言っても、入会の通知に具体的な理由が書いてあったわけではないので、なぜぼくがお二方に推薦を受けたのか、実はよくわからないんですよね。
 公式ホームページには、「文芸的」著作物である単行本を1冊以上出版していること、とあるので、一応この資格を満たしていると判断されたらしい。

 この通知と入会の申請書がPHP研究所に届き、拙宅に転送されてきたのが2月末のこと。
 入会金3万円、年会費2万円の出費は少々イタイけれど、払えない額でもなく、せっかくの機会でもあり、ここで断ったら一生縁がなくなるかも、と思い、とりあえず入会することにしました。

 画像は、ほかの推薦入会者の方々とともに、私の名前が掲載されている文藝家協会ニュース4月号の紙面。
 肩書きは「フリーライター」で申請しましたが、新潮社から毎年発行されている『文藝年鑑2018』では「スポーツライター」に修正していただく予定です。

 協会への入会に伴い、健康保険証もこれまでの国保から文芸美術国民健康保険に切り替えました。
 この2年、国保から徴収される額の大きさはいささか負担になっていたので、経済的にはこれが一番助かります。

 ただ、それも私が現在の収入を維持、もしくは増額させられれば、ではあるのですが。
 いかん、せっかく入会が叶ったというのに、こうカネの話ばかりしていてはバチが当たる。

 独立したときから「オレだって作家の端くれだ」という程度の気概だけは持っていたけれど、これまでは気恥ずかしくて口に出せなかった。
 これで世間的にも「作家の端くれ」の証明を得たことになるんじゃないかな。

 まあ、自己満足に過ぎませんけどね。
 とりあえず、10日は初めて定時総会に出席してきます。

Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円