counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
ソフトバンク某コーチの気遣い
2018年05月2日(水)


 札幌ドームで記念すべき清宮のプロ初ヒットが生まれたきょう、私は千葉のZOZOマリンスタジアムに行っておりました。
 久しぶりにソフトバンクの某コーチにネタでももらおうかな、と思って。

 その某コーチ、三塁側ベンチ前で私と顔を合わせるや否や、「おう、赤坂」と言いながら私の右肘をガチッとつかむと、ズルズルとファウルグランドへ。
 カメラマン席の前を通り過ぎ、選手たちがウォーミングアップしている傍ら、もう記者が来ちゃいけないエリアだぞ、というところまで来て、やっと取材開始。

 まあ、このようにして、サシで話を聞く機会を自ら作ってくれるわけです、某コーチという人は。
 中身は割愛しますが、きょうの話は濃かった、長かった。

 最後には、「どうや、これだけ話しゃあ十分書けるじゃろ」と某コーチ。
 私のように才能も取材力もないライターがこうして食べていられるのも、某コーチのように親切な方がいればこそです。

 しかし、これで1行も記事にしなかったら、あとで大目玉を食いそう。
 なるべく早く原稿にせんといけんのう。

 内川の2000安打が見られれば、と期待した試合のほうは二回までにソフトバンクが大量7点を先制して勝負あった。
 ロッテの先発は大隣で、古巣との初対戦だったけれど、これだけ一方的な展開になっては記事にしようがないよね。

 内川は2打席連続ヒットで大台までマジック2。
 2000安打達成の暁には私も原稿を書かせていただきます。

 某コーチの記事はその後かな。
 なんてことを言ってたらまた怒られるか。

Number965
平成日本シリーズ
激闘録1991
広島vs.西武
定価600円