counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
セ・リーグは神宮から
2018年04月4日(水)


 カープがいるうちに行っておかなきゃということで、きょうはヤクルトvs.広島2回戦が行われた神宮球場へ。
 「ということは、きょうが赤坂さんのセ・リーグ開幕戦ですね」と、職業柄、実にうまいことを言ってくれたのはセ・リーグ統括のKさん。

 今年、ここがフランチャイズのヤクルト関係者にはキャンプやオープン戦で何度も顔を合わせているが、開幕してから会うのは初めてなので、一応改めてみなさんに丁重にご挨拶。
 小川監督をはじめ、石井琢打撃、河田外野守備走塁、土橋内野守備走塁には現状における手応え≠烽、かがいました。

 しかし、ヤクルトは2勝2敗と貯金ゼロ。
 雄平、川端が戦列を離れ、畠山もスタメンに復帰できていない状態では、頼りにしている石井琢コーチからもいまひとつ景気のいい話は聞かれません。

 ゲームはヤクルトが四回、広島の高橋昂に集中打を浴びせて一挙5点を先制。
 先発ハフが五回までノーヒット・ピッチングを見せ、やっぱり今年のヤクルトは違うな、と思わせたのも束の間、六回に広島が3本塁などであっさりと同点に。

 ところが、本当に「今年のヤクルトは違うな」と思わせたのはここから。
 同点とされた直後の六回裏に西浦のタイムリーで1点勝ち越すと、八回にも2点取ってカープを突き放すことに成功。

 8−5で今季本拠地初勝利を挙げた小川監督は、川端、畠山の代役として出場した西浦、鵜久森の働きを絶賛。
 これもカープで鈴木、安部、西川ら発展途上の若者たちを育て上げた某コーチたちのおかげかな、と思います。

 しかし、ここで首脳陣から声アリ。
 「まあ、まだ始まったばかりなんだから、喜ぶのはこれぐらいにしておきましょう」

 それにしても、きょうは暑かったですね。