counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
沖縄グルメの〆は
2018年02月22日(木)


 沖縄キャンプ最終日の夜は、当地で再会したMさんと最後の会食となりました。
 明日は東京へ帰るからと、あれこれワガママなリクエストを出し、それならばと連れて行ってもらったのが、このおでん屋〈おふくろ〉。

 店に入った途端、いきなりドーンと広がるこのオープンキッチン(とは言わないか)に圧倒されました。
 最近、おでんと言えばコンビニで買って帰るものになっていたけれど、迫力とスケールが違います。

 店内には昭和(というより戦後か)の古い歌謡曲がガンガン鳴っていて、お客さん同士が大声を張り上げながらしゃべっているからまことにうるさい。
 その半面、全面禁煙が徹底されていて、あちこちに「みなさんの健康のためにご協力をお願いします!」という張り紙があるのが現代風。
 


 沖縄のおでんの特徴は、ご覧のようにでっかいテビチ(豚足)、ウインナー、牛モツ串が入っていること。
 さらに、葉野菜もあるのでとってもヘルシー、かな?

 メニューには一応、各ネタにつき150〜300円の値段が書いてあるんだけど、2時間飲み放題&食べ放題で1人2000円というシステム。
 メチャクチャ食べ応えがあって、おでんを2皿もおかわりすると、1時間でお腹がパンパンになってしまい、あとはひたすらだべりながら泡盛を飲み続けることになる。

 カウンターの端には枝豆や刺身などのつまみもあり、これも2000円のうち。
 地元では大変な人気店だそうで、7時半に行ったら超満員、9時頃にいったん潮が引いたと思ったら、今度は知り合いの野球記者がゾロゾロとやってきました。



 帰り際、Mさんに天然もずくのお土産まで持たせてもらいました。
 きょう東京へ帰ったら、しばらくこれを肴に晩酌して沖縄を思い出すことにしよう。
 
 
Number959
夏の甲子園
100人のマウンド
池田高校・水野雄仁
定価590円