counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
中村奨成、日南に現る
2018年02月6日(火)


 きょうはやっぱり、日南へ中村奨成の取材に行ってきました。
 松井秀喜さんがきょうから巨人の臨時コーチをやっていることはもちろん知っていたけど、甲子園でも追いかけたカープのゴールデンルーキーに対する興味が上回った。

 日南で動くのはきょうが初、キャンプ地のブルペンに入るのも当然初、さらに屋外でフリー打撃をするのも初、と初物づくし。
 そこで何か特別なことをするわけではなくとも、せっかく宮崎に来てるんだから、そういう場面には立ち会っておきたい。

 まず、午前中に東光寺球場のサブグラウンドに作られたブルペン入り。
 同じ新人の山口翔らの投球を受けながら、倉コーチに細かい指導を受けていました。



 午後からはフリー打撃に登場。
 26スイングでヒット性の当たりが9本で柵越えはなし。

 この日は風が強かったせいか、マシンや打撃投手の球が浮き、打ってもどん詰まりのポップフライになりがちだった。
 まだ身体ができていないこともあり、水本二軍監督をはじめ、首脳陣も無理をさせないようにしているそうです。

 しかし、日本ハム・清宮と並ぶ大物新人の初練習とあり、打撃ケージの後ろには山本昌氏ら評論家たち、オリックスなど他球団の編成担当がズラリ。

 早く一軍の主力に混じって打つところを見てみたい。
 でも、明後日はもう東京へ帰らなきゃいけないんだよなー。