counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
日本ハムの新人合同自主トレ初日
2018年01月9日(火)


 新人合同自主トレの初日取材、今年は日本ハムの鎌ヶ谷スタジアムをお訪ねしてきました。
 例年なら巨人のジャイアンツ球場へ行くんだけど、今年ばかりはやはり、日本一注目されているルーキーのいる現場を優先しないと、と思って。

 要するに、きょうに限っては、ここがプロ野球で日本一報道価値のある場所だった、ということ。
 いや、きょうだけじゃないかもしれませんが。

 その清宮幸太郎は、黒いジャージがほとんどだった新人の中で、唯一、鮮やかな赤の混じったジャージで登場。
 小一時間みっちりウォーミングアップして汗をかくと、これまたひとりだけジャージを脱いでTシャツ姿に。

 続いて、キャッチボール、ティー打撃、ロングティー、ノックの捕球と一通りのメニューをこなして囲み取材に対応。
 お約束の質問で、プロの練習で一番驚いたこと、印象に残ったことを聞かれると、「いや、ふだんと変わらないですね」。

 そりゃそうだよな。
 プロに入ったからと言って、やることが一から十までガラリと変わるわけじゃないんだから。

 とはいえ、「量をやるというより、一つ一つの練習をしっかりやって、そうやって形を作っていく、というところが、プロだな、自分に合ってるな、と思いました」と自ら補足したあたりは、さすがスター選手ならではのコメント力。
 緊張したかと聞かれて、「いまはまだ新人だけでやってますから、そんなにはないですね。キャンプで周りにすごい人たちがいたら違ってくるでしょうけど」と答える態度も実に落ち着いていた。

 ところで、大リーグ・エンゼルス移籍の決まった大谷にはまだ会えていないそうです。
 しばらくは昨年までと同様、鎌ヶ谷で自主トレをする予定で、清宮の隣室に住んでいるはずなんだけど、きのう入寮してから姿を見ていないとか。
 
 ま、ツーショットのお披露目は今後の楽しみに取っておきましょう。
 頑張ってください!

※蛇足@
 正直なところ、お客さんの数は想像したほど多くなかった。
 斎藤佑樹が新人だった2011年は初日で3000人とも言われるファンが殺到、東武線・鎌ヶ谷駅のタクシー乗り場に長蛇の列ができ、ぼくも一般のファンの方と一緒に相乗りしなきゃならなかったほど。
 しかし、きょうは簡単にタクシーに乗れて、運転手さんも「佑ちゃんのときとはだいぶ違うね」。

※蛇足A
 斎藤佑樹の新人時代は鎌ヶ谷駅前の定食屋に「佑ちゃん定食」「ハンカチ定食」なんてメニューができた。
 今回も担当記者御用達の中華屋が「清宮丼」、「清宮チャーハン」という新メニューをつくって、そこそこ好評らしい。

※蛇足B
 某GM補佐はおれの顔を見るなり、人差し指を突き出し、テニスラケットを振り回して「出入り禁止だよ!」。
 しかし、新任の某野手総合コーチは「わざわざ大ベテラン(おれのこと)が取材ですか。今年もよろしくお願いしますよ」と、まことに愛想がいい。
 同じ巨人OBでこうも対応が違うのは何故だ?