counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
初めての里山ガイド
2017年11月13日(月)


 久々に里山を走ってきました。
 朝6時半に目覚めたら結構寒くて、すぐ布団にもぐり直したんだけど、昨夜は11時過ぎに寝たのでちっとも眠くならないし、きのうのうちに自転車のチェックもザックやウェアの準備もしているしで、気を取り直して出発。

 いつものように自走、10分そこそこで西武池袋駅まで行き、8時46分発の急行飯能行きに乗って目的地の里山へ。
 ココに来るのは6月10日以来ほぼ5カ月ぶり。

 それほどブランクがあった割には、まあまあ、まともに走れたほうじゃなかったかな。
 陽射しがあったおかげで路面はややドラ=A走り始めるとすぐに汗が吹き出し、念のために着込んできたトレーナー、ネックウォーマー、インナーグローブはアプローチの段階ですべてザックへ。

 コースは定番のループを右回り1周、左回り1周。
 右回りの上りで心臓をまるまる1個吐き出してしてしまったり(例えですよ、例え)、左回りで一部のコースを忘れてまごついちゃったりしたものの、概ね快適でございました。

 明日から天気予報が芳しくないせいか、ペアが2組、ソロが2人と、同好の士も多かった。
 そのうち、最後に会ったソロの男性が「ぼく、ココは初めてなんですけど、レギュラーのコースとか、ご存知でしたら教えてください」。

 この里山には10年以上通っているが、初めて来たマウンテンバイカーにガイドを頼まれたのは、こちらも初めて。
 というわけで、左回りの後半を一緒に走りながら、自転車乗り同士の四方山話になる。

私「いつもはどのあたりを走ってるんですか?」

相手「ずっと〇〇塚を走ってたんですけど、あそこは最近、倒木だらけで全然走れなくなっちゃったんですよ」

私「ええー、あそこ、いまそんなになってんだ」

相手「ショップはどこに通ってるんですか? ナカザワジム? このへんには中沢さんもよく来られると聞きましたが」

私「いや、いやいやいや、あんなにレベルの高いところにはとてもとても…中沢さんはいいヒトですけどね」

相手「へえ。すごいカラダしてますよね、あのヒト」

私「ぼくの行きつけはMDSです。あそこの仲間内のツアーはユルイから」

相手「ああ、知ってます、知ってます」

 以上、勝手にアップしているのでディテールは割愛します。
 ちなみに、上の画像をFacebookにアップしたところ、話題の中沢さんにお褒めの言葉をいただきました。

 やっぱりトレイルはいいなあ。
 さあ、風呂入ってビール飲んで寝よ。

 
 
 
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円