counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
25年ぶりの千葉球宴
2017年07月15日(土)


 きょうは千葉のZOZOマリンスタジアムへオールスター第2戦を見に行ってきました。
 個人的に、ここで球宴を観戦するのは1992年以来、ちょうど25年ぶりになる。

 なぜそんなに昔のことをはっきり覚えているかというと、当時ヤクルトの古田がここでオールスター史上初のサイクル安打を達成したから。
 三塁打、単打、本塁打ときて、九回に回ってきた第4打席、古田が見事二塁打を打ち、セカンドベース上で両腕を突き上げるや、記者席から拍手が巻き起こった。

 あのときの古田はいい顔してたなあ。
 ちなみに、きょうはご本人も解説の仕事でグラウンドに来ていました。

 画像はオール・パシフィックの試合前の練習風景。
 この球場がロッテの本拠地だからと、練習用ユニフォームをロッテそっくりにしたのはいいアイデアだと思う。

 みんなロッテの選手に見えるので、全パのコーチ、伊東監督もご満悦だった。
 今季のロッテは序盤から最下位に低迷しているだけに、余計そういう気分になるだろうね。
 


 一方、オール・セントラルのユニフォームは、第1戦がナゴヤドームで行われたため、ご覧のように中日そっくり。
 ちなみに、画像は広島の河田コーチで、昨季優勝チームから練習用のスタッフを出さなければならない関係上、ノッカー役で呼ばれたんだとか。



 試合前、ロッテ広報部のご厚意で、記者席にクーリッシュの差し入れが。
 いやー、これはうれしかった。

 球場前でも、チケット持参のお客さんに1個ずつクーリッシュが無償で提供されていた。
 ロッテならではの粋なファンサービスでしたね。



 画像はホームランダービー1番手の筒香。
 この場所でゲームを見たのも久しぶりだった。

 四半世紀前にもここから古田のサイクルヒットを見たんだけれど、このスペースは現在「マスターズ・ドリーム・シート」という観客席になっている。
 きょうはオールスターということで、特別に記者席として復活≠オた。



 夜はこんなふうに雰囲気が変わる。
 なかなかイイよね。

 この球場はもともと、ニューヨーク・メッツの本拠地シェイ・スタジアムをお手本にしてつくられた。
 独特の照明設備から放たれるカクテル光線が、ほかの球場にはないムードを味わわせてくれる。

 通常の記者席は3階席の上にあり、ふだんはここで試合を見ることはできない。
 25年前と同じ位置から球宴を見られただけでも、千葉まで来た価値はあったかな。
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円