counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
リベンジマッチ
2017年07月9日(日)


 画像は今夜のヤクルト−広島戦、3−2とヤクルト1点リードで迎えた九回表、小川が抑えで当番し、1死一塁で会沢が打席に入ったところ。
 左側でネクストバッターズサークルに立っているのは代打・新井である。

 よく見ると、ガラスに写ったiPhoneの裏側のAppleマーク、ぼくのシャツの縦縞模様、NPB発行の取材パスをぶら下げたオレンジ色のネックストラップがわかるはず。
 プロ野球記者の役得のひとつは、こういう勝負をこういうかぶりつきの記者席から見られることだろう。

 小川と新井は一昨日も九回に対戦。
 小川がプロ5年目で初めて先発からリリーフに転向し、なおかつ初めて九回に登板したこのときは、新井が逆転3ランホームランを放ち、広島が1イニング6点の猛攻でヤクルトをたたきのめしている。

 その試合後、小川の今後の起用法について聞かれた真中監督は、「やっぱり後ろで、と考えています」とコメント。
 さっそく雪辱の場面がめぐってきたこの夜は、捕手・中村が「リベンジしような」と語りかけ、珍しくマウンドに足を運んだ真中監督も「冷静にいけ。抑えなきゃとか、打たれたらとか考えるな」と励ました。

 新井に対して3−2のフルカウントとなったこの場面、中村は外のカットボールを要求する。
 一昨日の対決では1−0からの真っ直ぐを狙い打たれたので、「空振り三振かフォアボール、歩かせたらごめんなさい、で外の変化球のサインを出した」。

 しかし、小川は首を振り、インサイドの真っ直ぐを選択。
 中村曰く「あえて真っ直ぐを選んだのはあいつの気持ち。新井さんを詰まらせようと思ったんでしょう」。

 結果、その真っ直ぐをフルスイングした新井の打球は左中間を破り、同点タイムリー・ツーベースとなった。
 中村も伊藤投手コーチも、「追いつかれてもそこから抑えて、逆転されなかったのはよかった」と小川をかばった。

 明日からは東京ドームで巨人3連戦。
 「3度目の正直じゃないけど、次は抑えさせてやりたい」と中村は言っている。