counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
カープは勝ったけど
2017年07月7日(金)


 毎週グチっていることではありますが、金曜日だけは大変一日が長い。
 今朝は6時前に目が覚めてしまい、8時からのTBSラジオ〈森本毅郎スタンバイ!〉のスタジオ生出演を終え、帰宅して朝ごはんを食べたら、もう眠くて眠くて仕方がない。

 まあ、このところ、何かとストレスの溜まることが続いていて、睡眠が浅かったからでもあるんだけどね。
 正直、きょうのトークのキレもイマイチだったなあ、と自分では思う。

 ただ、こういうときは割り切りが肝心。
 きょうは体調もベストではないし、プロ野球は試合前の練習中の取材だけにして、ナイター取材はやめよう、と決めた。

 で、午後2時過ぎ、ヤクルト−広島戦が行われる神宮球場へ。
 例によって話し込んだ主な相手は、カープの某コーチと某コーチ、たまたま来ていた某選手の親御さん、スワローズの某スタジアムDJ、などなどって、誰が誰だか、私の知人友人には丸わかりですね、ハハハ。

 ところが、そろそろ帰ろうかと思っていた5時前、東スポのヤクルト担当S記者が「隣の席、空いてますよ〜」。
 女性の記者にそう言われたら、「ありがと〜」と答えて試合取材をせざるを得ないじゃありませんか。

 正直、ヤクルトが一方的にリードしていた中盤は激しい睡魔に襲われました。
 まあ、金曜日のナイター取材中だけは、舟を漕いじゃっても仕方ないと、あえて自分を甘やかしている面もあるけど。

 しかし、試合はその直後に急展開。
 8−3とヤクルトがリードし、マウンドにライアン小川を送った九回表、カープのバティスタ、菊池、新井に3本塁打を浴び、一挙6失点で逆転負けです。

 ヤクルトは5連敗脱出を目前にして6連敗。
 こういうときはやはり、カープそっちのけでヤクルトの取材に走っちゃうのがA先生の性(さが)なんですよ。

 久々に切なさが胸に募った。
 がんばれ、スワローズ!
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円