counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
追悼試合で大谷復帰
2017年07月3日(月)


 いやあ、一気に暑くなりましたね。
 きょうみたいに最高気温が30℃を超える日のプロ野球取材はやっぱり東京ドームに限る。

 というわけで、月曜のきょう、唯一の試合となった日本ハム主催の西武戦へ。
 1日に元監督の上田利治さんが亡くなったこともあり、試合前には追悼セレモニーと黙祷が行われた(画像)。

 ただし、喪章をつけたユニフォームは日本ハムではなく、昔懐かしい東映フライヤーズの復刻版で、始球式ではこのユニフォームを着た張本勲氏が打席に立ち、阪神のユニフォーム姿で小山正明氏が登場。
 あらかじめ準備されていたこのレジェンズ・イベント=Aタイミングが良かったのか、悪かったのか。

 こういう日に5番DHで大谷翔平がスタメン復帰、1四球1安打(二塁打)と回復ぶりをアピールしたものの、二塁打を打ったときに全力疾走していなかったのが気になった。
 試合後の栗山監督は「こちらの計算通りには進んでいる」と、順調であることを強調していたけれど、大谷の足が本来の状態だったら、あの二塁打は余裕で三塁打にできたはず。
 
 私見ですが、今季中にベストまで持っていくことは無理なんじゃないかなあ。
 ネット裏に詰め掛けていたメジャーリーグのスカウトたちはどう見たか。