counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
ダメだこりゃ
2017年06月23日(金)


 今年の巨人はまったく予想を裏切らない。
 大事なリーグ公式戦の再開初戦、先発投手はエースの菅野、打線は主砲・阿部を欠いたばかりの踏ん張りどころ。

 しかも、相手はここまでの対戦成績7勝2敗と、今季最も相性のいい中日。
 さらに、先発が左のバルデスだからと、23年ぶりに1番から9番まで右打者をズラリと並べた。

 となったら、絶対に勝たなきゃならない、もし負けたりしたら大変な痛手になる。
 でも、こういう試合をことごとく落としてきたのが今年の巨人なんだよなあ。

 と、試合前、一塁側ベンチの前で堂々と口に出していたライターは私、A先生だけでしょう。
 そう言われて悔しかったら勝ってみろ! ぐらいの気持ちだったんだけどね。

 で、案の定、0-1で敗戦。
 一所懸命戦った末の競り負けならともかく、中身を見たらとてもそうは言えない。

 四回、福田に先制タイムリーを打たれた菅野は、甘く入ったスライダーを捉えられた。
 ここまでに球数が50球以上に達していた無駄球の多さ、小林のリードが原因のひとつだったことは間違いない。

 八回、菅野の代打が右の中井ではなく、左の辻だったことにも疑問が残る。
 成功したかどうかはともかく、原前監督なら十中八九、昇格させたばかりの中井に託した場面だろう。

 もっと言えば、この回、1死から1番・長野が四球で出た直後、2番・山本には送りバントではなかったか。
 山本はこの前の打席、六回にきっちり犠打を成功させ、1死三塁のチャンスをつくっているのだから。
 
 高橋監督は試合後、「終わってしまったことは変わらない」と采配に関する具体的な説明は避けた。
 しかし、今夜の負けには根拠が見えない、最善を尽くした結果のやむなき敗戦、とは到底言えない。

 一方、中日・森監督の采配は見事だった。
 とりわけ、凄味さえ感じさせたのは、九回、2死一・二塁で代打・亀井が出てくると、守護神・田島に替え、元守護神♀竦」にスイッチした場面。

 この継投について森監督は、「田島で抑えられたら一番いいが、左(打者)が出てきたら(左の)岩瀬で、とは(最初から)一応考えていた。亀井ならこっちが左を出しても右には替えてこないだろうし」と語っている。
 ひょっとしたら、この場面も、中井のほうが中日としては嫌だったかもしれない。

 ところで、画像はきょうのイベント「アランチョネロ」による人文字である。
 巨人は本塁打1万本にあと66本と迫っているそうで、左翼スタンドに「打て」、右翼スタンドに「ホームラン」、中央のオーロラビジョンには内野2階席の「10000HR」が映っている。

 試合後、私のツイッターのタイムラインでは、熱心な巨人ファンがこんなつぶやきを寄せていた。
 「アランチョネロより勝利を見たい」
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円