counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
国際試合は窮屈だ
2017年03月7日(火)


 WBCの試合取材に初めて行ってきました。
 宮崎の強化合宿とか一昨年のプレミア12とか、侍ジャパンは何度か取材しているんだけど、肝心のWBCの公式戦だけは現場で見たことがなかった。

 まあ、正直なところ、どこまで真剣に論ずるべき大会か、いまだに微妙なイベントだと個人的には思っています。
 前回の第3回大会では日本の選手会が一時不参加を表明したし、第4回大会の今回も直前になってようやく次回大会が開催される見通しとなったばかりだし、当事者たちですら「真剣に世界一を決める大会」だと認識していない気配がプンプン。

 それでも、さすがに国際大会だなあ、と驚いたのは、東京ドーム関係者入り口のセキュリティーチェックの厳しさ。
 入場者はスマホや財布をトレイに出し、金属探知機のゲートをくぐって、手荷物もX線検査を受けなければならない。

 入れば入ったで、いつもの公式戦より多い日本の報道陣に加え、外国チーム、海外メディア、大会関係者など、ふだんは見かけない外国人の方々で大混雑。
 スタンドには、きょうのキューバ戦用に、キューバのラジオ局の臨時中継ブースもしっかり作られていました。

 で、試合はギッコンバッタンしながらもジャパンが快勝。
 最大のポイントは中田に盗塁を決めさせた小久保采配で、これはお見事だった。

 これで明日のオーストラリア戦も楽しみになってきました。
 いろいろと気になるところもあるものの、大勝した夜ぐらい、うるさいことを言うのはやめておこう。
サンデー毎日
10月1日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」後編
黒田との契り
定価380円
サンデー毎日
9月24日号
「カープ新井貴浩
独占激白!」前編
4番、連覇、引退
定価380円